東京女子医科大学病院ホームページ

診療活動の紹介(診療連携病院)

週のスケジュール

 毎朝、カンファレンスを行い、その後教授の病棟回診を行っています。さらに、水曜日の夕方からは病理カンファレンス、症例検討会、リサーチカンファレンスを開いています。

外来

 小児腎臓病外来は月曜日から金曜日の午前・午後、土曜日の午前(但し、第3土曜日は病院休診日です)のすべての枠で診療をおこなっております。外来では、学校検尿における検尿異常者への精査、小児泌尿器科グループと連携して先天性腎尿路疾患症例の診断・治療、各種腎炎・ネフローゼ症候群の診断・治療、急性糸球体腎炎、慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群の治療などを行い、必要時には東病棟5階の小児病棟に入院して治療を行います。保存期腎不全管理、末期腎不全の管理を行い、同時に小児外科、泌尿器科、腎臓外科などと連携して子どもにとってより適した腎不全治療が選択できるよう診療に携わり、また必要に応じて管理栄養士による栄養指導も行っております。透析中の患者さんは金曜日の腹膜透析外来、血液透析は血液浄化療法科の協力により治療をおこなっております。また、移植コーディネーターや臨床心理士と協力して、腎移植の継続したサポートを行っています。

総合外来センター受付 診察室 外待合
画像をクリックすると拡大します
このページの先頭へ

学校検尿

 腎臓病検診における尿異常者の精査を行い、腎臓病の早期発見、早期診断と治療に力を入れています。なお、服部教授は東京都予防医学協会の腎臓病検診の専門委員を務めております。

このページの先頭へ

入院病棟

病棟廊下 プレイルーム 洗面台
病棟廊下 プレイルーム 洗面台
2010年6月に新たに改装オープンした東病棟5階・小児外科系病棟の看護師の皆さん。 入口
2010年6月に新たに改装オープンした東病棟5階・小児外科系病棟の看護師の皆さん。 入口
画像をクリックすると拡大します

 東病棟5階フロアは、2010年6月に新病棟(外科系小児病棟)として全面的に改装オープンしました。外科系疾患の病児が一緒に入院している混合病棟で、プレイルームや感染症用の陰圧室を備えています。同じ建物の3階は小児科の病棟(内科系小児病棟)で、内科系・外科系小児疾患を総合的に診療しています。

このページの先頭へ

診療内容

腎生検

 当科では主にエコーガイド下経皮的針腎生検を実施しています。年間で固有腎生検はおよそ20~30例、移植腎生検はおよそ40~50例を実施しています。
病理診断として、IgA腎症、紫斑病性腎炎、膜性増殖性糸球体腎炎、膜性腎症、ANCA関連腎炎(急速進行性糸球体腎炎)、ループス腎炎、アルポート症候群、微小変化型ネフローゼ症候群、巣状分節性糸球体硬化症などがあります。また、腎移植後にも長期生着を目指してプロトコール腎生検を積極的に実施しています。

入院管理

 入院された患者さまの入院理由は多岐にわたっており、腎炎・ネフローゼの診断および治療(特に難治性ネフローゼ症候群の治療)、急性腎障害の診断と治療(溶血性尿毒症症候群など)、生体腎移植、献腎移植、腹膜透析導入、腹膜透析カテーテル挿入術、血液透析導入、バスキュラーアクセス挿入術、慢性腎不全教育入院、常染色体劣性多発性のう胞腎の食道静脈瘤に対する内視鏡的静脈瘤結さつ術、感染症治療などです。

維持透析導入

 小児外科との連携で腹腔鏡を用いて腹膜透析用カテーテルの挿入術を行い腹膜透析へ導入例が5~10例前後/年間、腎臓外科との連携で内シャント造設にて血液透析へ導入した小児が5例/年間となっています。

血液透析室
血液透析室
腹膜透析室
腹膜透析室
画像をクリックすると拡大します

腎移植

 2016年3月現在、当科での小児腎移植症例はのべ350例(年間15例前後)を超える実績があり、泌尿器科、腎臓外科にて腎移植術をおこなっております。当院は、移植免疫研究室、病理部門も充実しており、その経験に支えられてレベルの高い移植医療の提供が可能となっています。術前にアフェレシス療法を用いて抗血液型抗体の除去を実施してから腎移植を行うABO不適合腎移植は現在までに20例以上行っています。また当科では巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)に対しては再発予防目的に術前に血漿交換療法を施行してから腎移植を実施しており、現在までに約55例の小児患者に腎移植を行いました。また、合併症を有し、移植実施が非常に困難な小児に対する腎移植では関連各科の協力により、十分な検討の末に腎移植に到った症例を経験しています。

体外循環血液浄化療法

 当科では血液浄化療法科との連携により、体格の小さな小児に対する体外循環血液浄化療法を用いた治療を古くから実施してきました。臨床工学技士と協力し、乳児の維持透析、劇症肝炎症例に対する生体部分肝移植への橋渡しとしての血漿交換療法+持続的血液濾過透析、急性腎不全症例の緊急透析、難治性ネフローゼ症候群に対するLDL吸着療法、敗血症症例に対する急性血液浄化療法(エンドトキシン吸着や持続的血液濾過透析)、免疫疾患への免疫吸着療法などを行っています。

このページの先頭へ

診療連携

 久野正貴助教、末廣真美子助教、苗代有鈴医療練士研修生が千葉県こども病院腎臓科の医長、医員として派遣されています。
 また、日本赤十字社医療センター小児科の腎外来(毎週水曜日午後)、埼玉県立小児医療センター腎臓科の腎移植外来(毎月1回、第3月曜日午後)、戸田中央総合病院腎センターの小児腎臓病外来(毎月1回、午後)を担当しております(医療連携病院のHPアドレス一覧をご参照下さい)。

このページの先頭へ

診療連携病院のHPアドレス一覧

このページの先頭へ