統合医科学研究所

 Tokyo Women's Medical University Institute for Integrated Medical Sciences (TIIMS)

 

  



TOPページ


ご挨拶


研究所の概要


セミナー情報


研究紹介


スタッフ


研究業績


テニュアトラック教員制度


大学院


お問い合わせ


旧国際統合医科学インスティテュート(IREIIMS)


CIMIデータベース公開


書式集
                                       
研究所の概要 

研究部門
  〜疾患の分子情報解析を基盤とする基礎医学研究と臨床医療を
 統合したトランスレーショナルリサーチの推進〜

 本研究所では主として分子情報解析を基盤に基礎医学研究と臨床医学研究を有機的に統合し、疾患の分子メカニズム解析とそれに基づく疾患の予防・診断・治療法の開発を推進する研究を行っています。
 医学研究においてはこれまで多くの基礎的研究が積み重ねられていますが、それら基礎研究の成果が臨床医療に効率よく生かされているとは必ずしも言い難い状態となっています。
 基礎医学研究と臨床医学のギャップは" the valley of death(死の谷)"とも呼ばれ、医学研究全体の課題と認識されており、近年はそれを橋渡しするトランスレーショナルな視点が強調されています。
 一方、医学研究においてはこのような基礎から臨床へ向かう研究の流れのみならず、臨床での問題点を基礎的に解析するフィードバック的なアプローチも重要です。
 本研究所ではこれまで培ってきたゲノム、染色体の網羅的かつ精密な解析力を基盤に、がん、生活習慣病、先天性疾患等、身近であるにも関わらず未だに克服されていない難病について、基礎、臨床の垣根を取り去った双方向性のトランスレーショナルな視点に基づく研究を推進しており、学内外の基礎、臨床各科との共同研究を進めています。
 研究所には疾患ゲノム機能解析を推進するべくハイエンドな機器が設置されており、共同研究の一環として学内外の研究者が利用することが出来ようになっています。
 具体的研究内容については、研究紹介のページをご参照下さい。

  


ゲノム解析サービス部門
  〜次世代型シーケンサー解析、サンガーシーケンス解析受託サービス〜
 
 統合医科学研究所には次世代型シーケンサーと呼ばれる大規模並列型DNA解析装置が設置されており、ライブラリー作成を含むサンプルの準備と機械のオペレーションにあたる専任の技師およびデータ処理にあたる専任の提携バイオインフォマティシャンが学内でデータ解析を行う体制を整えております。
 次世代型シーケンサーとは従来のキャピラリーシーケンサーシーケンサーの性能をはるかに凌駕する超ハイスループットのシーケンサーであり、1回のランで100G塩基配列のデータを得ることが出来ます。
 ヒトゲノムは3G塩基対であるので1回のランでその30倍程のデータを得ることが出来ることになります。
 当研究所では、研究者から臨床検体等から抽出したDNAあるいはRNAの解析依頼を受け、詳細な遺伝子情報を付加したわかりやすいエクセル形式の表になった解析データ報告を研究者へお渡しする解析受託サービスを実施しています。
 次世代型シーケンサーを使用した解析アプリケーションとして下記のものが主として挙げられます。

 Whole transcriptome解析
細胞・組織における遺伝子の発現量を全発現遺伝子について網羅的に解析する方法です。次世代型シーケンサーでは従来用いられたmicroarrayに比べて遥かに高感度に精度よく、かつ網羅的に情報を得ることができます。また、この用法では種種の遺伝子のバリアントについても情報を得ることが出来ます。
 SAGE, small RNA解析
SAGE解析は遺伝子の一部をタグとして扱い、そのタグを数えることで遺伝子発現を網羅的に解析します。            
Whole transcriptome解析に比較し、やや単純化されたデータとなりますが効率良く解析することができます。      
Small RNA解析は30mer以下の小さなRNA断片の発現を解析する方法です。次世代型シーケンサーにより効率良く解析することが出来ます。
 ヒト全ゲノムエクソン配列解析
ヒトゲノム中の遺伝子配列部分を取り出して配列の変化があるかどうかを解析します。合計で50M塩基対程度となり、全ゲノム配列解析に比較し約1/30の領域を解析しますので、効率良く全ゲノムレベルの遺伝子異常について明らかにすることができます。
 標的領域配列解析
ゲノムのある特定の領域(10Mb程度)を取り出して解析する方法です。
調べたい遺伝子領域がわかっている場合に行います。
 全ゲノム配列解析
ヒト全ゲノムDNA3G塩基対の塩基配列を解析します。
データ量が膨大となり、最もコストがかかります。

サンガーシーケンスについて
 当研究所ではキャピラリーシーケンサーによるサンガー法シーケンスの解析も受託しております。

 次世代型シーケンサー及びサンガーシーケンス解析サービスの解析費用については教室費、科学研究費、民間助成金などが使用可能です。
解析サービスの詳細につきましては、担当者までお問い合わせください。
担当者:赤川 浩之
TEL:03-3353-8112(内線 26307)
E-mail:akagawa.hiroyuki@twmu.ac.jp