東京女子医科大学から文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業に提案いたしました「保育とワークシェアによる女性医学研究者支援」プロジェクト(責任者:倉公朋学長)が採択され、平成18年度から事業が開始されました。「女性研究者支援モデル育成」とは、「優れた女性研究者がその能力を最大限発揮できるようにするため、大学や公的研究機関を対象として女性研究者が研究と出産・育児等を両立するための支援を行う仕組みを構築するモデルとなる優れた取組を支援する」ものです。本学の課題では、「保育支援」として本学の院内保育所に「病児保育」を導入し「研究支援」として「ワークシェア」、「フレックス制」の対象者を公募し、支援を致しております。
 
サイトマップ
|
サイトご利用にあたって
|
お問い合わせ先