logo
交通アクセス 交通アクセス
概要 沿革

沿革  

循環器小児科の歴史
1952年 高尾篤良が米国に留学

ニューヨーク大学 postgraduate school

テキサス小児病院小児心臓病科(主任 Dan MacNamara教授)
1955年 東京女子医科大学付属日本心臓血圧研究所開所
1958年 高尾篤良が日本心臓血圧研究所 助手に就任
1962年 高尾篤良が日本心臓血圧研究所 教授に就任
1977年 高尾篤良が循環器小児科主任教授に就任
1981年 高尾篤良が日本心臓血圧研究所 所長に就任
1985年 今井康晴が循環器小児外科主任教授に就任
1990年 高尾篤良教授が定年退職
1990年 国際分子細胞免疫研究センター開設、高尾篤良名誉教授が
施設長に就任
1990年 門間和夫が循環器小児科主任教授に就任
1991年 安藤正彦が客員教授に就任
1991年 中澤 誠が循環器小児科教授に就任
2001年 黒澤博身が心臓血管外科主任教授に就任
2001年 中澤 誠が循環器小児科診療科長に就任
2005年 安藤正彦客員教授 死去
2006年 中澤 誠教授退職
2006年 高尾篤良名誉教授 死去
For the Memory of Professor Emiritus
   Atsuyoshi Takao by Toshio Nakanishi
2007年 中西敏雄が循環器小児科診療部長に就任
2008年 中西敏雄が循環器小児科教授に就任
2007年8月15日更新