logo
交通アクセス 交通アクセス
概要 ごあいさつ

ごあいさつ  

東京女子医科大学は「至誠の心と愛」の理念のもとに、最高の医療を提供する世界のメディカルセンターを目指しています。

東京女子医科大学循環器小児科は、日本で一番最初に循環器小児科として設立され、先天性心疾患をはじめとして、不整脈、心筋疾患、川崎病などについて、診断・内科治療・心臓カテーテル治療などを行う診療科です。当科は、世界のメディカルセンターの一部門にふさわしい診療を行っています。

循環器小児科の第1の目標は、安全な医療です。医療にはリスクが伴いますが、最高レベルの医療を安全管理された環境で行うことを目標としています。

第2は、胎児から成人まで先天性心疾患を持つ患者さんを一貫してフォローしていく体制を取っていくことです。心臓疾患が疑われる胎児の診断と治療を行っています。また、独自のICUを持ち、心疾患を持つ新生児の受け入れもしています。さらに、循環器小児科で診察する患者さんの半分以上は成人の患者さんです。循環器小児科では、先天性心疾患の患者さんの一生をみる生涯発達心臓病学の創成を目指しています。

第3は、我が国はもちろん世界でもトップレベルの医療を提供することです。現在でも、 我が国はもちろん、世界でもトップレベルの心臓治療施設として、広く患者さんが集まる施設となっていますが、さらにそれを発展させていこうとしています。
第4は、基礎研究と臨床研究の充実です。研究無くしては医療の発展はありません。我が国の循環器小児科をリードしていくために、最高の医療に基づいた研究の充実を図っていきたいと考えています。

今後ともスタッフ一同、「世界最高の医療、最も安全な医療」のスローガンのもと、診療体制の充実を図って参ります。

 

東京女子医科大学 循環器小児科