logo
交通アクセス 交通アクセス
医局員募集 循環器小児科専門医

循環器小児科専門医  

日本小児循環器学会の小児循環器専門医について


詳しいことは日本小児循環器学会 ホームページをご覧ください


日本小児循環器学会の小児循環器専門医制度は、平成20年4月に発足しました。以下の基準を満たしていることが必要となっています。
  1. 日本国医師免許を有すること。
  2. 小児循環器専門医は小児科専門医であること。
    他の基本領域の専門医については、専門医・修練施設等認定委員会で審査する。
  3. 受験申込時、5年以上継続して本学会会員であり、会費を完納していること。
  4. 小児循環器専門医は、卒後8年以上の研修および修練期間を有し、本学会が認定する修練施設で5年間の小児循環器修練を修了していること。ただし、本学会が
    認定する修練施設における小児科専門医研修については、2年間に限り小児循環器
    修練期間に算入できる。
  5. 下に示す臨床経験を持っていること。
  6. 所定の学術研究業績を有すること。
  7. 本学会が認める小児循環器関連学会に所定の回数参加し、かつ筆頭演者として
    発表を行っていること。
  8. 本学会の行う資格認定試験に合格していること。循環器小児科の研修

小児循環器専門医の申請に必要な修練内容は以下の通り。
  1. 入院患者の受け持ちを30例以上経験していること。
  2. 心臓カテーテル検査を30例以上実施していること。
  3. 運動負荷検査を5例以上、ホルター心電図読影を5例以上、心エコ−検査を
    100例以上実施していること。
  4. 心臓検診への参加や、要精検者への対応などの実績があること。
  5. 小児循環器に関係する論文を1編以上、筆頭著者として刊行していること。
  6. 日本小児循環器学会認定の、学会、研究会、分科会、地方会に、小児循環器に
    関係する発表を、筆頭演者として3回以上行っていること。
  7. 日本小児循環器学会学術集会へ3回以上出席していること。
  8. 研修施設内外を問わないが、安全管理に関する会議、講習会へ3回以上
    出席していること。

 

2009年1月26日更新