logo
交通アクセス 交通アクセス

医療練士  

研修内容


プログラムの目的と特徴

当科は、我が国の循環器小児科のリーダー的存在で、多くの患者が全国各地から紹介されてきます。

診療対象疾患は、先天性心疾患・不整脈(基礎疾患のないものも含む)・川崎病・心筋疾患などの心臓病で、専門の教科書に記載されているものは殆ど網羅し、さらに希な疾患も経験できます。

当科から世界に向けて発信した疾患や症候群もあります。

多岐にわたる疾患について、形態診断、病態生理診断、予後 診断などの診断学、薬物治療およびカテーテル治療などの内科系治療学を研修できます。

更に当科の特徴のひとつは心臓血管外科との密接な関係であり、術前術後の患者管理を学ぶことができます。
また、母体胎内の心異常をもつ胎児から、成人期に達した患者まで診察しています。

心エコー、CT、MRIなどの非侵襲的な診断法から、心臓カテーテル検査、カテーテル治療まで研修し、循環器小児科専門医として育っていくことができます。
なお、日本小児科学会専門医の他、日本小児循環器専門医、日本循環器学会専門医の取得が可能です。


後期研修医 (一般小児科および循環器小児科の研修)
対象

初期臨床研修2年終了見込みまたは終了済みの医師

身分

東京女子医科大学の規定による医療練士として採用。有給。

研修スケジュール

後期臨床研修医として循環器小児科に入局した後、当院の小児科医療練士総合プログラムに則って研修をします。

以下のようなスケジュールで一般小児科・循環器小児科の研修を行います。

1年目:循環器小児科を研修ののち、一般小児科を研修
2年目:小児科関連の各科(NICUなど)をローテート
3年~5年目:当院循環器小児科の統合コースで研修

「小児科医療練士総合プログラム」の詳細は、こちら(PDF:738KB)9ページをご覧下さい。


循環器小児科の研修を希望する方(後期研修終了後)
対象

後期臨床研修終了見込みまたは終了済みの医師

身分

東京女子医科大学の規定による医療練士として採用。有給。

研修スケジュール

研修内容により以下のようなコースが選択可能です。

  1. 統合コース(Integrated training course for Pediatric Cardilogy)
    対象:一般小児科、内科などの基本研修が終わっている医師 研修内容:小児循環器医療全般(胎児から成人まで、全ての分野)について2~3年で研修します。期間については相談可能です。
  2. カテインターベンションコース(Catheter Intervention training course)
    対象:既に小児循環器医療に携わっている方でさらなる経験や技能の習得に打ち込みたい医師 研修内容:カテーテルインターベンションを中心とした研修を2年~3年で、期間については相談可能です。
  3. EPS/EAコース(EP/ Abration course)
    対象:既に小児循環器医療に携わっている方でさらなる経験や技能の習得に打ち込みたい医師 研修内容: 電気生理学検査、アブレーションを中心に、不整脈の診断と治療が学べます。研修期間は2~3年で、期間については相談可能です。
  4. 成人先天性心疾患コース(GUCH course)
    対象:既に小児循環器医療に携わっている方でさらなる経験や技能の習得に打ち込みたい医師 研修内容: 当科では1960年代から先天性心疾患の治療を行っており、多くの患者さんが成人に達した現在では年間約5000人の成人先天性心疾患患者さんが外来受診しています。成人期には心臓以外の問題点も多いため、産科、婦人科、精神科、腎臓内科、消化器科、内分泌科、糖尿病内科、呼吸器科、整形外科、歯科など関連各科と提携し診療しています。研修期間は2~3年で相談可能です。

レジデントの関わる週間スケジュール
申し送り    月〜金   7:50 〜17:00  土〜12:00
カテーテル検査・治療    月〜金   2〜3例/日
心臓血管外科とのカンファレンス    火     18:00〜19:00
教授回診    水     9:00〜10:00
エコーカンファレンス    水     19:00〜20:00
カテカンファレンス    金     18:00〜18:30
小児循環器科カンファレンス    金     18:30〜20:00
エコーカンファレンス    土     10:30〜11:00