診療内容

きず・やけど・きずあと
熱傷(やけど)

小範囲の熱傷(水ぶくれ)から、全身に至る広範囲重症熱傷まで日本熱傷学会専門医による365日24時間迅速な対応ができるよう日々努力しております。
詳しくはこちら

顔面外傷

形成外科では顔面外傷を治療の対象としています。顔面の形態を可能な限り受傷前の状態に復元するように努力しています。
詳しくはこちら

手指外傷・切断指再接着

当院における手足の外傷はすべて当科で24時間対応し診療にあたっております。 皮膚にとどまる裂創から骨折や神経・腱断裂、手指の切断に対しても、マイクロサージャリー手技を用いた手術を行い、良好な成績を得ております。
詳しくはこちら

ケロイド・肥厚性瘢痕

ケロイド・肥厚性瘢痕に関する治療
詳しくはこちら

褥瘡・難治性潰瘍

皮膚に欠損ができた状態を皮膚潰瘍と呼びますが、通常は3週間程度で治癒します。それ以上かかっても治癒しないものを難治性潰瘍と呼びますがその代表的なものに褥瘡や糖尿病・血流障害に伴う下肢潰瘍があります。
詳しくはこちら

下肢壊疽

下肢壊疽に関する治療
詳しくはこちら

生まれつきの異常
口唇裂・口蓋裂

唇のみの異常である口唇裂、歯茎に至る歯槽裂、唇から口蓋までおよぶ口唇口蓋裂など、程度はさまざまです。
詳しくはこちら

言語治療

口蓋裂、構音障害、言語発達の遅れに対する言語治療を主に行っています。
詳しくはこちら

手足の先天異常

指の数が多い多指症、指の癒合した合指症のほか、指の長さが短い短指、指の数が少なく、指間が深くなった裂手、指や手足のある部分で絞扼された絞扼輪症候群などがあります。
詳しくはこちら

漏斗胸・鳩胸

当科では漏斗胸ならびに鳩胸に対して、小児だけでなく幅広い年齢層の患者さんに対してこの方法を行っております。
詳しくはこちら

母斑・あざ

レーザーで血管、メラニン、異物などを選択的に破壊することで、赤あざ、茶あざ、黒あざ、青あざ、しみ、刺青、むだ毛の治療をします。
詳しくはこちら

血管腫・血管奇形

血管腫・血管奇形に関する治療
詳しくはこちら

できもの・腫瘍
皮膚腫瘍

皮膚の腫瘍はそのもととなる細胞により分類されますが、大きくわけると悪性のもの(皮膚癌)と良性の腫瘍に分類されます。われわれ形成外科ではそのいずれも治療対象です。
詳しくはこちら

乳房再建・乳頭乳輪の再建

当教室においても、乳癌切除後の乳房再建は大きなテーマのひとつであり、患者様の要望に応じていくつかの手術方法を選択し治療を行っております
詳しくはこちら

炎症・変性疾患
下肢静脈瘤

人間の静脈には、血液が逆流しない為の逆流防止弁があります。二本足で歩く人間の宿命として、下肢の静脈、重力に逆らって流れなければならないため、他の静脈より流れに対する負荷が大きく、そのために弁の機能がうまく働かなくなった状態が静脈瘤です。
詳しくはこちら

爪の異常

爪(特に足の親指に多い)が皮膚に食い込んで炎症、痛みを生じるもの。10分程度の局所麻酔手術で痛みから解放されます。
詳しくはこちら

眼瞼下垂

眼瞼下垂は上眼瞼の挙上障害により瞼縁が正常な位置より下がっている状態を言い、生下時より眼瞼の下垂を認める先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂に大別されます。さらに後天性眼瞼下垂は以下のように分類されます。
詳しくはこちら

リンパ浮腫

リンパ浮腫に関する治療
詳しくはこちら

美容外科
シミ・レーザー療法

レーザーで血管、メラニン、異物などを選択的に破壊することで、赤あざ、茶あざ、黒あざ、青あざ、しみ、刺青、むだ毛の治療をします。
詳しくはこちら

美容形成外科

特に病気ではなくても顔や体で気になるところはありませんか? 形成外科で悩みが解決するかもしれません。
詳しくはこちら

再建外科について
再建外科について

当科においては、がん手術後のみならず外傷(やけどや交通事故など)後や先天異常などにより生じた組織欠損、機能障害、変形などに対して外科的治療を行っています。その多くは、他の部位から組織を移動することにより修復するものであり、このような外科を再建外科とよんでいます。
詳しくはこちら