漏斗胸・鳩胸

肋骨が過剰に成長することで胸の中央部が陥凹する疾患を漏斗胸、反対に突出する疾患を鳩胸といいます。殆どの場合、心臓や肺の機能的な異常はありません。しかし、心理的な問題が生じるという面で、骨が矯正されやすい就学年齢前後に手術を行うことが一般的といえます。従来、肋骨を大きく切開する手術が行われて いましたが、近年では特に漏斗胸に対して内視鏡を使い金属のバー(ペクタスバー™)を挿入して胸郭を矯正する低侵襲な方法(ナス法)が普及しています。 当科では漏斗胸ならびに鳩胸に対して、小児だけでなく幅広い年齢層の患者さんに対してこの方法を行っております。