リンパ浮腫

リンパ浮腫とは何らかの理由で体液が間質に貯留した状態を言います。特に原因としては癌(乳がん、消化器がん、婦人科系のがん)などの手術を行った後に発症することが多いことが知られています。リンパ浮腫はそのまま放置した場合、むくみの増悪、むくんだ手足の重さやだるさ、蜂窩織炎(皮膚の下に感染がおこり炎症を起こす病気)などが生じることがあります。実際にリンパ浮腫と診断するためには検査が必要で、リンパの流れを評価する必要があります。その検査は専門の医療機関で受けることができます。

リンパ浮腫の治療は複合的な理学療法(いわゆるリンパマッサージ・リンパドレナージや弾性ストッキングなどの圧迫療法、運動療法、スキンケア)と外科手術によるものがあります。

複合理学療法はおもに専門の研修を修了した看護師もしくは理学療法士が行っています。

当科では専門看護師によるリンパ浮腫ケアを行っています。外科手術は顕微鏡による微小血管とリンパ管をつなぐ手術を行います。リンパ浮腫の治療は手術を行った後も継続的に行うことが必要で、患者さん自身によるセルフケアが重要です。

手術後の下肢や上肢のむくみにお困りの方はリンパ浮腫を専門に行っている診療科の受診をお勧めします。