下肢静脈瘤

下肢静脈瘤ってどんな病気?

人間の静脈には、血液が逆流しない為の逆流防止弁があります。二本足で歩く人間の宿命として、下肢の静脈は重力に逆らって流れなければならないため、他の静脈より流れに対する負荷が大きく、そのために弁の機能がうまく働かなくなった状態が静脈瘤です。

静脈瘤の原因は?

1. 妊娠
2. 長時間の立ち仕事
3. 深い静脈の閉塞(深部静脈血栓症)の既往
4. 外傷
5. 肥満

これらが単独または複合して起こります。

静脈瘤になるとどうなるの?

初期は足が重い、下肢が疲れやすい、夜間にこむら返りがある、といった症状があります。その後、静脈がうねうねと盛り上がり、外見的にも静脈瘤として診断できるようになります。放置しておくと、どんどん静脈瘤が大きくなります。

さらに放置しておくとどうなるの?

さらに放置すると静脈瘤に付随して色々な症状が出現します。

1. 出血……静脈が破裂して起こります。
2. 血栓性静脈炎……足が赤く腫れ、静脈に沿って固いしこりが出来ます。
3. 湿疹……痛みやかゆみを伴う皮膚炎が起こります。
4. 色素沈着……進行に伴ってくるぶし周囲が黒ずんできます。
5. 皮膚潰瘍……かなり悪化すると、軽微な外傷で傷になってそれがなかなか治癒しなかったり、また外傷もないのに自然と皮膚が崩れてきます。

こうなると、なかなか治癒しなくなってきます。

そうなる前に…

静脈瘤を疑った場合、専門の病院での検査をお勧めします。
当科では、痛みを伴わない超音波診断装置で静脈瘤の部位および重症度の診断を行っています。

  1. 静脈瘤の予防をお勧めします
    弾力包帯や弾力ストッキングの着用は、長時間の立ち仕事による静脈血のうっ血を軽減する働きがあります。
  2. 検査をお勧めします
    当科では、痛みを伴わない超音波診断装置で静脈瘤の部位および重症度の診断が可能です。静脈瘤でお悩みの方は是非一度ご相談ください。
  3. 治療をお勧めします
    逆流が強い場合やかなり進行した静脈瘤は治療が必要です。治療は基本的に
    ① 硬化療法……外来で弁のこわれた静脈に硬化剤を注入し静脈を閉塞させる方法
    ② 手術療法……入院で弁のこわれた静脈を抜去する、あるいはこわれた弁を修復する方法
    があります。進行度により治療法を選択する必要がありますので、一度ご相談ください。