皮膚腫瘍

皮膚の腫瘍はそのもととなる細胞により分類されますが、大きくわけると悪性のもの(皮膚癌)と良性の腫瘍に分類されます。われわれ形成外科ではそのいずれも治療対象です。

皮膚悪性腫瘍

悪性皮膚腫瘍の中で比較的多いものとして基底細胞腫、有棘細胞腫、悪性黒色腫などがあります。性状は各々異なりますが、悪性を疑う場合として、出血する、ジクジクする、周囲との境界が不鮮明である、等の特徴があります(もちろんこれらの特徴がなくても悪性の場合はあります)。
皮膚の悪性腫瘍の治療は手術により切除する事が原則です。腫瘍周囲を含めて切除するだけで良い場合も多くあります。いずれにしても専門医による診察を受ける事が重要です。
 

皮膚良性腫瘍

皮膚腫瘍あるいは皮膚から触れる良性腫瘍の中には各種のものがありますが、その主なものを以下に述べます。

ほくろ

褐色から黒褐色をしていて、形はたいらなものから、膨隆したものまであります。治療は切り取ってしまう方法、あるいはレーザー治療が効果的なものもあります。

粉瘤

皮膚の一部が陥凹して袋状になったものです。袋が皮膚とつながっているため、動かそうとすると皮膚と一緒に動きます。内容物は悪臭のある粥状のものです。治療は切り取ってしまう方法が原則です。

脂漏性角化症

老人性のイボとも言われるものです。やや年配の顔、頭体幹に主に出来るもので、疣になっている事が多いです。時にかゆみを伴います。必要に応じて切除します。

黄色腫

上まぶたの内側に黄白色の腫瘍が生ずる事があります。コレステロールがたまったものと言われています。

脂肪腫

皮膚とくっつかずに良く動く軟らかい腫瘍として触れます。小さいものであればそのまま様子も見ても差し支えない事が多いです。

ガングリオン

主に関節周囲に生ずる、表面が平滑な腫瘍です。皮膚とのつながりはなく、圧迫により生ずる事があります。中には粘液が入っていて、無症状の場合は様子を見る事も多いです。


その他数多くの皮膚および皮下の腫瘍は存在しますが、御心配な場合は専門医の診察を受ける事をお勧め致します。