ご挨拶

患者さんの明るい社会復帰をめざして
教授・講座主任 櫻井 裕之

東京女子医科大学病院
形成外科

教授・講座主任
櫻井 裕之

形成外科は体表面のあらゆる変形や機能障害に対応する 科であり、対象疾患は外傷、腫瘍、先天異常など多岐に亘ります。また手術内容も、大きな組織移動を伴う「再建外科」から審美性を追求する「美容外科」まで 多様性に富んでいます。これは、外科系各科が各臓器別に専門性を高め発展したのに対して、形成外科は外科総論的な「創傷治癒」や「組織移植」に専門性を求め続けた所以であります。

東京女子医科大学形成外科学教室は、初代・平山峻教授より、熱傷など全身管理を必要とする重症外傷や再建外科 を得意とする硬派な形成外科として発足し、その傾向は今も色濃く残っています。例えば、私たちの熱傷ユニット(やけどセンター)は東京都委託施設のために、やけどで重症の患者さんも多く救急入院されます。そして救命のための最新治療を行うとともに、患者さんの社会復帰を目指した再建外科手術やリハビリ テーションにも取り組んでおります。

さらに前・野﨑幹弘教授は、マイクロサージャリー(手術用顕微鏡を用いた微小血管吻合)を取り入れ再建外科の分野に大きな足跡を残すとともに、レーザー治療、硬化療法など非手術的治療法も導入し、診療の守備範囲を飛躍的に拡大しました。

この度三代目として当教室を担当することになりましたが、オールランドな形成外科学教室としてさらに発展させるためにも、教室員各位がそれぞれの専門領域で さらに邁進してゆけるよう配慮する所存であります。また、近年高齢化社会を背景に、褥瘡や慢性疾患に伴う難治性潰瘍、QOLを維持するためのアンチエイジングなどもこれからの形成外科の重要なテーマになると考えております。これらの領域に、今まで集積された「創傷治癒」や「組織移植」に関する知見を注ぎ込むとともに、新たな人材育成に取り組んでゆく所存です。