眼瞼下垂

眼瞼下垂は上眼瞼の挙上障害により瞼縁が正常な位置より下がっている状態を言い、生下時より眼瞼の下垂を認める先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂に大別されます。さらに後天性眼瞼下垂は以下のように分類されます。

  • 腱膜性眼瞼下垂:加齢、コンタクトレンズの長期使用、白内障手術などの開瞼器使用後、アトピー性皮膚炎などによる頻繁な上眼瞼の擦過など
  • 神経原性眼瞼下垂:Horner症候群、動眼神経麻痺、Fisher症候群など
  • 筋原性眼瞼下垂:重症筋無力症、筋緊張性ジストロフィー、外眼筋ミオパチーなど
  • 機械的眼瞼下垂:眼瞼・眼窩の占拠性病変など

眼瞼下垂は視野障害に加え、肩凝りや頭痛、自律神経失調症状などの随伴症状を伴うこともあります。
詳細な問診と計測を行うことで眼瞼下垂の病態を把握し、患者個々に合った手術方法を検討します。挙筋能が正常であれば通常は挙筋腱膜前転術などで行いますが、多くの先天性眼瞼下垂のように挙筋能の低下している症例では筋膜移植による前頭筋吊り上げ術を行います。