2. 手続方法  

(1)申請先

区市町村の保健所等、福祉担当窓口

(2)申請に必要な書類

ア 特定医療費支給認定申請書

イ 指定難病の臨床調査個人票(診断書)

ウ 世帯全員が載っている住民票

エ 健康保険証の写し(世帯全員分か患者さんの分のみかは加入している保険によって異なる)

オ 区市町村民税課税(非課税)証明書

カ 個人番号に係る調書(都単独疾病の場合)

キ 介護保険被保険者証の写し(お持ちの方のみ)

ク 同じ医療保険に加入している世帯内にほかに難病医療助成または小児慢性特定疾病の医療費助成を受ける方の受給者証の写し(お持ちの方のみ)

ケ 軽症かつ高額に該当する場合、医療費総額の療養証明書(該当者のみ)

コ 加入している医療保険に都道府県が所得区分を確認するため、それに必要な同意書(該当者のみ)

※必要書類は加入している医療保険により異なり、また、都道府県によっても異なる場合があるので、お住いの市区町村の申請窓口に確認してください。

(3)申請後

認定基準に基づき、審査会において認定・不認定を決定します。認定されますと、受給者証と自己負担上限額管理票が交付されます。認定された場合、医療費等助成は、区市町村窓口に申請した日から適用されます。