ミゾリビン (通称:ブレディニン)

細胞の代謝を抑制する薬で、主に関節リウマチで使われる免疫抑制薬です。

適応は?

    1. ステロイド抵抗性の難治性ネフローゼ症候群
    2. ループス腎炎

最近、急速進行性糸球体腎炎の原因となるANCA関連血管炎でも全国多施設共同研究が行われ使用されています。

副作用は?

骨髄抑制(白血球、貧血、血小板減少)、感染症、間質性肺炎、急性腎不全、肝障害、消化性潰瘍などを認めることがあります。

注意点は?

    1. 血中濃度の測定
      腎臓から排泄されるため、特に腎機能が低下している場合は血中濃度を測定し投与量を調整します。

    2. 内服方法
      最近は1日量を朝1回内服するのがいいといわれています。

    3. 白血球数
      もともと白血球数が少ない場合には注意が必要です。