入院に際して心がけて欲しいこと  

ご自身の病気に対する正しい理解と自己管理が最も大切です。 そのため、入院中はご自身の病状を理解すること、腎臓病に関する正しい知識を習得することを目標にしてください。また退院後に入院で学んだ食事療法や生活習慣を実践し、それを長く継続していくことが腎臓病と付き合ううえで一番大切です。