IREIIMS
最終年度IREIIMS公開シンポジウム
 

 先端医科学・教育の未来 ―『統合医科学の発展』―

  日時:2010年2月8日(月) 午前9時30分より午後5時20分まで
会場:東京女子医科大学 弥生記念講堂
 

 2月8日(月)午前9時30分から弥生記念講堂において、最終年度IREIIMS公開シンポジウム「先端医科学・教育の未来『統合医科学の発展』」が開催され、学内外の研究者、医療関係者、一般参加者など約300名の方々にご参加いただきました。
国際統合医科学インスティテュート(IREIIMS)の研究成果と東京女子医科大学組織改革への貢献、そして、統合医科学の今後の発展について次のようなプログラム構成によりシンポジウムが展開されました。吉岡博光理事長の開会挨拶に始まり、文部科学省より泉紳一郎科学技術・学術政策局長を来賓にお迎えしてご挨拶をいただきました。そして、宮ア俊一学長より平成17年10月に開設したIREIIMSの4年半に亘る活動の総括報告があり、松岡瑠美子特任教授より研究成果の報告、Bernardo Nadal-Ginardチーフ・アカデミック・オフィサーよりIREIIMSによる生物医科学界への貢献、上塚芳郎副所長より人材育成部門の総括報告がなされました。統合医科学情報基盤(CIMI)、そして、若手研究者による成果報告のあと、宮ア学長が統合医科学研究所の設立、医療人統合教育学習センターの設置などポストIREIIMSの計画について説明しました。また、IREIIMS外部評価委員長でもある永井良三東京大学大学院教授より「これからの臨床医学研究」という演題で基調講演をいただいた後、「今後の統合医科学の展望−治療から予防へのチェンジ−」というテーマで活発なパネルディスカッションが行われ、最後に真崎知生副所長による閉会挨拶でシンポジウムを締めくくりました。引き続き開催された交流会も約120名の参加者があり盛況でした。
当日配布された講演およびポスター発表の抄録集、研究成果報告−IREIIMS Achievement Report 2005−2010をご希望の方はIREIIMS出版物ページよりお申込ください。

    最終年度IREIIMS公開シンポジウムポスター
最終年度IREIIMS
公開シンポジウム
ポスター
PDF
 

 

  Copyright © 2005 IREIIMS. All Rights Reserved.