教授あいさつ:当講座での後期研修・大学院を希望される皆様へ

 

p haritani
膠原病リウマチ内科
教授・講座主任
針谷 正祥 

東京女子医科大学膠原病リウマチ内科学講座はリウマチ学の診療・教育・研究を行う日本トップクラスの規模と実力を持つ臨床講座です。2018年5月に、附属医療施設から大学医学部の講座に組織改編され、当講座が設置されました。初代御巫清允教授、第2代柏崎禎男教授、第3代鎌谷直之教授、第4代山中 寿教授に引き続き、令和元年から第5代目を継承しています。

 

 

greeting zu20190427

当講座では


①安全で良質な診療

②魅力的な卒前・卒後教育

③先端的な研究


を3本柱として掲げ、これらのサイクルを回すことにより、優れた成果を生み出すことを目指しています。このページを訪れて頂いたリウマチ学を志す皆様、東京女子医科大学膠原病リウマチ内科学講座で学びたい、この先生と一緒に仕事がしたい、と思っていらっしゃる皆様に、当科の卒後教育体制、研究体制を紹介します。是非、当科の扉を叩いてください。その先には、あなたを魅了して止まないリウマチ学の世界が広がっています。


針谷正祥