研修希望の方へ 医局員紹介

山中寿 教授・所長p yamanaka

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターは、多彩な臨床症状を有するリウマチ性疾患を総合的に診断、治療することを目的として、いろんな専門の内科 医と整形外科医が力を合わせています。

我々の目指すものは「より良質な医療」「より先進的な研究」「より魅力的な教育」です。第三者として「学びたい」と 思っている人ではなく、我々とともに患者さんのために尽くすことのできる熱い心を持った研修医の先生方を歓迎します。

 

 

谷口敦夫 教授谷口敦夫 教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

 リウマチ学の魅力は以下の一言に尽きると思います。多くの研修医の先生が集われることを願っています。リウマチ学はカラフルな学問である(「上野征夫著リウマチ病診療ビジュアルテキスト(医学書院)」より)。

Page Top ▲

 

針谷正祥 特任教授針谷正祥 特任教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

当センターはリウマチ・膠原病学を学ぶために必要なすべての学習機会を提供しています。臨床経験豊かな多くの専門医から学ぶ知識と経験は、他の施設では決して得ることが出来ないものです。臨床から生まれたさまざまな疑問に対して、基礎研究・臨床研究で自ら答えを出す環境も整っています。リウマチ・膠原病に興味があれば、臨床を極めたい人も、臨床も研究もやってみたい人も、世界中の研究者と交流を持ちたい人も歓迎します。君たちの参加を楽しみに待っています。

Page Top ▲

 

川口鎮司 臨床教授川口鎮司 准教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

入院部門のリウマチ科で臨床教授を務めております。膠原病内科の専門医となるために必要な知識の習得には、できるだけ幅広く多くの症例を診察して、治療計画をたて、最善の治療を行うことだと考えております。入院症例だけで、年間、RAが50症例、SLEが30症例、強皮症が25症例、筋炎が15症例と多くの患者さんが治療にみえます。後期研修医の3年間で、専門医の取得だけで無く、症例報告や症例をまとめての原著論文を国際ジャーナルにのせることを目標とし指導します。

Page Top ▲

 

小竹 茂 准教授小竹 茂 准教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

関節リウマチ(RA)、膠原病、および膠原病類縁疾患は自己免疫性疾患に分類されます。従って、その病態理解および治療に免疫学の知識は必須と言えるでしょう。さらに骨代謝学も必要と考えます。私達は研究においても免疫学、骨代謝学、および細胞生物学的な手法を駆使しRAの骨破壊機序の検討を1990年から行ってきました。特に破骨細胞(Oc)研究に力をいれています。これまでIL-17がRAの病態およびOc分化において重要な役割を果たすこと、可溶性IL-6受容体がRA関節液に増えていること、OcがRA滑膜組織に存在すること、ヒトT細胞がOc分化を促進させることなどを世界に先駆け報告してきました。抗IL-17抗体は新規生物学的製剤として第3相の臨床試験が現在実施されています。このように最終的には新規治療に結びつく研究をめざしています。実際、これまで国際特許2件を含む12件の特許出願を行っています。現在の研究は3D走査電子顕微鏡、タイムラプス法(動画的な細胞の観察)などを駆使してOcの視覚的な検討も行っています。以上のようなことに興味のある研修医の方は是非ご連絡ください。上記のほかベーチェット病および脊椎関節炎(クラミジア関連関節炎、腸炎性関節炎など)の臨床および研究にも力をいれています。これらの疾患は臨床において充分認識されていない疾患です。これらの疾患に興味のある方も是非ご連絡ください。

Page Top ▲

 

中島亜矢子 准教授中島亜矢子 准教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

当膠原病リウマチ痛風センターに所属する医師の出身大学はさまざまです。一人ひとりの個性を生かしつつ、みなで臨床、教育、研究に積極的に取り組んでいます。当該学会等では毎年多くの先生方がシンポジストをしたり賞をいただいたりと活躍している医局です。総合内科専門医、リウマチ専門医、博士号取得はもとより、海外学会での発表や留学の機会もあります。みなさん、一緒に楽しくやりましょう。

Page Top ▲

 

猪狩勝則 准教授猪狩勝則 准教授

【リウマチ関節外科】

日整会整形外科専門医
リウマチ学会指導医・専門医

当センター整形外科は平均年齢が若くとても活気のある医局です。関節外科手術に特化した整形外科で、特にリウマチ性疾患に対する人工関節置換術の実施件数は首都圏で1位にランクされており、一般に難易度が高いと言われているリウマチ性疾患に対する人工関節置換術を多数経験することが出来ます。上下肢の指(趾)に対する手術件数もとても多く、大関節から小関節まで幅広く関節手術を経験することができます。熱意溢れた指導医が多く、研修医の指導に熱心に取り組んでいますので、是非研修科として選択していただいたり、入局先に選んでいただきたいと思います。

Page Top ▲

 

南家由紀 准教授南家由紀 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

リウマチ学は奥が深い学問です。当センターは守備範囲が広く臨床はもちろん病因、病態解明のための基礎的研究も盛んです。私は、特に骨代謝学・免疫学ならびに細胞生物学的アプローチからリウマチ性疾患の骨破壊、骨粗鬆症の病態を研究しています。またベーチェット病を東医療センター眼科と連携で診療し研究を行っております。リウマチ学、免疫学に興味のある方の入局をお待ちしております。

Page Top ▲

 

古谷武文 講師P furuya2

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

東京出身で、1990年に金沢大学を卒業し、東京女子医大で内科研修後に、当センターに入局しました。入局後は念願のアメリカ留学も経験させてもらいました。当医局は、北は弘前大学、南は宮崎大学まで全国からやる気がある医師が集まっています。もちろん、いわゆる学閥もありません。とにかく患者数が多く、特に臨床研究に興味がある方は、最適な場所です。私もなんとかリウマチや膠原病の骨折患者を減らそうと骨折リスクの研究を頑張っています。是非、一度見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

田中榮一 講師田中榮一 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

当センターは日本では最大級のリウマチ性疾患の患者さんの診療にあたっています。当科で研修を行えば、内科認定医や専門医を取得するのも容易ですし、関連の ない科はないと言っていいほど、様々な知識や技術に触れる機会を得ることができることでしょう。特にRA治療は日々進歩し続けており、今、とてもエキサイ ティングな分野です。共に日本のリウマチ診療のエビデンスを世界に発信していきませんか?

Page Top ▲

 

勝又康弘 講師勝又康弘 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

大きな医局なので、さまざまなタイプの先生と一緒に働けること、さまざまなタイプ の先生を許容しうることが、うちの長所だと思います。

Page Top ▲

 

miyamae
 宮前多佳子 講師

 【膠原病リウマチ内科】
(小児リウマチ性疾患担当)


 日本小児科学会専門医
 日本リウマチ学会専門医・指導医
 日本感染症学会専門医
 日本アレルギー学会専門医

診療での診察技術を磨くとともに、血液検査や画像所見から病態を解釈する頭脳を鍛えることで、同じこどもを診察してもより有効な診療に導くことができます。3才の幼児の5年後は小学生、10年後は中学生です。迅速な診断と将来の予後を見据えた治療選択を一緒に学んでいきましょう。

Page Top ▲

 

p seto瀬戸洋平 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会専門医
内科学会認定医

卒後10年以上経て入局しました私自身も含め、出身大学はバラバラで、様々な経歴の医局員がおります。内科外科は非常に連携がよく、専門性の高い診療、国内外の学会発表や論文を多数発信する学術施設としての側面はもちろん、地元からも全国各地からも多くの患者さんに来院いただき、治験や臨床研究だけでないリアルな診療を行っています。いわゆる膠原病内科だけでないリウマチ学のスタンスでの研鑽が可能な環境です。

Page Top ▲

 

高木香恵 講師高木香恵 准講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

わが医局は、多大学の卒業生から構成されており、また入局される時期も後期研修のはじめから、他の専門分野で活躍していた医師が途中で入局されるなど様々です。また内科医師と整形医師が同じ医局で机をならべ、仕事をしているという特徴があります。このような医局ですので、リウマチ性疾患に興味をもたれている、意欲のある医師はいつでも大歓迎です。まずは一度見学にいらっしゃいませんか。随時見学者を募集しています。

Page Top ▲

 

市川奈緒美 講師市川奈緒美 准講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

リウマチ学はとても面白い分野です。勉強することがたくさんあって大変ですが、とてもやりがいがあります。リウマチ学は日々進歩しています。その進歩の中で、患者様に最高の医療が提供できるよう、一緒に診療・研究しましょう!

Page Top ▲

 

 

 

堤野みち 講師堤野みち 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会専門医
内科学会認定医

私は、卒後すぐに当センターで学んだ後、東京医科歯科大学膠原病リウマチ内科、医薬品医療機器総合機構で働く機会に恵まれました。そのような経験を少しでもお伝えできればと思います。

Page Top ▲

 

矢野紘一郎 講師矢野紘一郎

【リウマチ関節外科】

リウマチ学会専門医
整形外科学会専門医

私は当センターでリウマチ整形外科医として働いております。外来・病棟・手術・教育・研究など多忙な日々ではありますが、とても充実した日々を送っています。手術に関しては、下肢を中心に、上肢の手術も行っています。とても働きやすい職場なので、当センターへの就職を悩んでいる方は、ぜひご相談ください。

Page Top ▲

 

塚原 聡 准講師

【リウマチ関節外科】

IORホームページへようこそ。私は外傷、脊椎、小児、スポーツなど整形外科研修および大学院での研究を経て、IORに入局しました。当初の入局目的は基礎研究でしたが、専門的なリウマチ治療、人工関節手術手技、臨床研究をバランス良く学び、結果を出すことができました。合わせてオピニオンリーダーの先生方との人脈ができ、『IOR入局』は、私の整形外科的マネージメントに良い影響を与えてくれましたし、医師人生に大きく影響しています。

Page Top ▲

 

市田久恵 准講師市田久恵 准講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

膠原病リウマチ疾患は全身に合併症を認めるため他科との連携が必要であり、内科医として幅広い知識や経験が必要とされ学べる科です。また医学的に今後も発展性のある分野です。日常診療から新たな発見が生まれる事が多く、臨床に即した研究も盛んで国内外に成果を発信しています。リウマチ整形外科と連携が良いこと、様々な出身大学・経歴の医師が集まっている事も特徴で、興味を持ち頑張れば得られるものも大きい環境と思います。

Page Top ▲

 

小橋川 剛 助教

【膠原病リウマチ内科】

研修医の皆さん、こんにちは。突然、あなたの身にあるいは親類、友人に当科対象疾患が発症したとしましょう。あなたは如何対応されますか?今後、皆さんが外科系の医師になられるとしましょう、ステロイドを処方されている患者の緊急対処を迫られました。あなたはどうします? 医学は日進月歩ですが、皆さんの人生において、過去の先達がそうであった様に当科で過ごす数年は他では味わえぬ“醍醐味”があります。是非、御堪能下さい。

Page Top ▲

 

栃本明子 助教

膠原病リウマチ内科】

当センターは、志の高いスタッフがそろっており、日々の診療、研究においてディスカッション等行いながら刺激を受け、成長できる環境だと思います。

Page Top ▲

 

三箇島吉統 助教

【リウマチ関節外科】

青梅市の高木病院整形外科に勤務しています。青梅市はスポーツが盛んな地域ということもあり、前十字靭帯損傷をはじめとするスポーツ外傷の患者様が多い病院です。前十字靭帯再建手術、人工膝関節置換術、大腿骨頸部骨折の症例数は都内有数(西多摩地区最多)です。スポーツ整形外科や人工膝関節置換術に興味がありましたら、ぜひ一度いらしてください。

Page Top ▲

 

大澤彦太 助教

【膠原病リウマチ内科】

私は以前パプアニューギニア等の熱帯地方に於いて、マラリア患者の疫学調査を行っておりました。マラリアに感染しても発症せず元気な場合と、発症して生死を彷徨う場合があり、それはマラリアに対するヒトの過剰な免疫応答が一因と考えられます。リウマチを始めとした膠原病も同様に、免疫応答の違いが発症に関与していると考えられ、その解明されていない免疫応答の謎に魅せられ、膠原病・リウマチ科の門を叩きました。

膠原病・リウマチ学は未だ解明されていないことが多く、やり甲斐のある分野です。当科はその臨床と研究との両者に力を入れており、様々なバックグラウンドを持つ医師や研修医の、多様な向学心を受け入れ涵養する土壌があります。また、当科に来る患者さんは、長期間病気が特定できずにいたり、治療に難渋したりすることで紹介される方も多くいらっしゃいます。そのような環境で臨床経験を積んできた百戦錬磨の医局員と共に、困難な症例の診断・治療を行うことが、医師としての成長の糧に必ずなります。

ただし、医師として成長すること自体は第一義ではなく、その成長を患者さんに還元することが最も重要です。患者さんの抱える困苦の壁を、愚直に叩き続けることができるヤングガンズとともに壁を壊したい、そう考えています。

Page Top ▲

 

設楽久美 助教

【膠原病リウマチ内科】

当センターは、多様な症例に接することができ、とても勉強になる施設です。また、研究においても、医局員は皆、モチベーションも高く、国内外問わず研究成果の発表を行っております。当センターの診療、研究に興味のある研修医の方は、見学も随時行っておりますので、是非一度お気軽にお越しください。

Page Top ▲

 

星 大介 助教

【膠原病リウマチ内科】

当センターは1981年の開設時より先輩方が作られた歴史を礎に発展を続けています。RAや膠原病など、この分野に少しでも興味のある方は、ぜひ一度見学に来てください。内科と整形外科が一緒の賑やかで雰囲気の良い医局です。宜しくお願い致します。

Page Top ▲

 

杉本直樹 助教

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ・膠原病疾患は、全身疾患を通じて診断から治療に至るまでのプロセスに一貫して取り組むことができる、大変やりがいのある分野です。膠原病リウマチ痛風センターは、リウマチ性疾患を整形外科と連携して診療できること、症例数が豊富で臨床研究に取り組みやすいことが、臨床と研究の両面をすすめていくうえでとても魅力的であると思います。

Page Top ▲

 

宮脇素子 助教

【リウマチ関節外科】

Page Top ▲

 

花岡成典 助教

【膠原病リウマチ内科】

膠原病リウマチ科は個々の疾患特有の病状のみならず,多領域にわたる全身管理や易感染状態における感染症の管理など,総合的な技能や知識を必要とする診療科です。当センターには多くの領域での経験を持つ医師が多数所属しており,総合的なアドバイスを受けながら研修や診療を行うことが可能です。また内科と整形外科と同一の医局で診療にあたっており,垣根なく相談を行うことができるため,実臨床においても非常に勤務しやすい環境が整備されております。

Page Top ▲

 

中山政憲 助教

【リウマチ関節外科】

私は手の外科を専門としており、患者さんの手・肘のリウマチ性変化に対する手術治療を中心に仕事をしています。術後に外観も機能も改善したと喜んでくださる患者さんの顔をみるのが最大のやりがいです。当センターで整形外科医として勤務することにより、手や足を含めた関節手術の経験を豊富に積むことができるだけでなく、関節リウマチに対する投薬治療の経験も大いに積むことができます。内科の医師との横のつながりも良く、また職場の雰囲気も明るく、とても楽しく仕事ができます。臨床だけでなく研究においても大変充実した経験を積めると思います。ぜひ一度気軽に見学に来てください。

Page Top ▲

 

佐久間 悠 助教

【リウマチ関節外科】

私はこの膠原病リウマチ痛風センター整形外科に入局して3年となります。整形外科の先生で関節リウマチ(RA)を敬遠している方は少なくないと思いますが(私もそうでした)、当センターでの診療を経験していくことにより、RAのコントロールから手術に至るまでの十分な技術を身に付けることが出来るものと思います。RAならではと言える手指や足趾の手術も多く、他の施設で接することが難しい症例も多く経験することが可能です。内科との垣根も非常に低く安心して診療できる環境が充実しており、RAを集中的に学びたい方には当センターでの研修が非常にお勧めです。

Page Top ▲

 

岡本祐子 助教

【膠原病リウマチ内科】

Rheumatologyを志す医師にとって、多くの患者さまに出会い、多くの疾患を学べる当センターの環境は貴重です。また、診療に生かせる研究を行うことが可能な設備も整っています。興味のある方は、是非一度見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

 

川澄日出長 助教

【膠原病リウマチ内科】

私は、免疫や膠原病に興味をもち、多くの症例を経験できる当科を選びました。病棟研修で印象に残っているのは、発症後間もない全身性エリテマトーデス・ループス腎炎の重症例を担当したことです。当初からICUで人工呼吸器、循環管理、血液透析を含む治療を行い、一般病棟に移動してからも予断を許さない状況が続きました。最終的に治療が奏功し、無事に退院された時には、大きな充実感を得ました。現在では、私の定期外来に元気に通院しておられます。ICUでの重症例を受け持つと、緊張した毎日を送ることがあると思います。当科では、指導医の先生と毎日相談しながら、回診では日本の当分野をリードする先生方とディスカッションして方針を決定していくため、不安やストレスをそれほど感じることもなく、安心して診療を行えました。

また、リウマチ学の臨床で重要なのは、入院よりもむしろ外来かもしれませんが、病棟研修終了後、早い段階から大学の専門外来を担当させていただき、関節リウマチ・膠原病の外来での診かたを実践的に学ぶことができています。難しい症例に関しては、診察中でも、あるいは終了後でも、各分野のエキスパートに相談できるため、非常に心強いです。皆様も、恵まれた環境で一緒に研修しませんか。

Page Top ▲

 

清水陽子 助教

【膠原病リウマチ内科】

私は、卒後4年目に当科に入局しました。当科に入局した理由は、入院・外来の症例がとても豊富であること、またリウマチ関節外科(整形外科)と同じ医局なので診療の連携がとても良いこと、そして医局員の出身大学に偏りがないところに魅力を感じたからです。
病棟では、上級医の熱心な指導の下で、色々な症例を受け持たせていただき、充実した研修生活を送ることができました。現在は、外来診療と臨床研究を中心とした毎日を送っています。外来診療や研究を行うことで、病棟の時とは違った視点が加わるかと思います。リウマチ性疾患・膠原病はその症候が全身にわたるので、リウマチ内科では特定の臓器に偏ることなく全身が診られると思います。リウマチ性疾患・膠原病に興味のある方は、ぜひ一度見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

今村 仁 助教

【リウマチ関節外科】

ともに整形外科、リウマチを勉強していけたらうれしいです。

Page Top ▲

 

仁科浩和 助教

【膠原病リウマチ内科】

私は初期研修を他大学で、後期研修を沖縄の市中病院で腎臓内科医として行った後に入局いたしました。私は腎臓内科の中でも特に、腎炎や血管炎に興味があり、さらに自己免疫疾患を学びたいと考えたため、膠原病の勉強をしたいと強く思うようになりました。まだ学び始めて2年目ですが、毎日が新鮮で、日々成長しているのが実感できます。今年から出向している関連病院では、専門外来を週3回やらせていただき、大変勉強になっております。もしご興味があれば、ぜひ当医局に見学にお越しください。お待ちしております。

Page Top ▲

 

栃原まり 助教

【膠原病リウマチ内科】

私は本学の卒業生で、卒後7年目になります。大学病院や関連病院研修を経て、現在、外来や研究を始めています。入局してから、これまで実感したことを書きます。

まず病棟研修ついてです。入院患者さんは病態が複雑な患者さんも多く、一人の患者さんから多くのことを学びました。担当患者数がある程度絞られていたこと、経験豊富な指導医がいたことにより実現できたと思います。今から振り返ると、駆け出しの医師として経験した当科の病棟研修は、その後の診療スタイルに大きく影響したと感じています。

今は病棟をいったん離れ、専門外来をさせてもらっています。慢性疾患の患者さんを診ていると、日常生活の質をあげ、さらに長期的にもよりよい結果が得られることが大切だと痛感します。難しい症例では上級医の先生の経験をお聞きすることもしばしばです。判断を急ぐ時は横で診療している先生に相談することもできます。外来の短い時間で容量よく適切な診察をするには教科書に書いてないような知識も大切で、これまでも多くのことを教えて頂きました。苦労した症例で学んだことはとても記憶に残ります。この積み重ねは、大切な自分の糧になると信じています。また、外来にて患者さんの痛みをとるために整形外科の先生の力を借りる場面も多いです。当センターでは整形外科医もいて、得られるメリットは本当に大きいです。

当センターでは病棟や外来診療の合間に、様々な臨床・基礎研究をする機会もあります。実際、試行錯誤を重ねて研究結果にたどり着くのには、かなり遠回りすることも多いです。しかし、これまでのわずかな経験ではその過程も面白く、無駄なことはないので、とてもやりがいがあります。

最後になりましたが、整形外科、内科ともに全国からリウマチ学を勉強に来る先生も多い当センターですので、少しでもご興味ある方はぜひ一度見学にいらしていたければ幸いです。 心よりお待ちしております。

Page Top ▲

 

山口 麗 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は女子医大で初期研修を修了し、膠原病センターに入局しました。元々学生の頃から膠原病という全身疾患に興味がありましたが、上級医師と話しやすく、内科と整形外科の垣根もなくて医局内の雰囲気が良いこと、豊富な症例があること、女性医師が多いこと、などにひかれて入局を決心しました。興味がおありの方がいらっしゃいましたら、ぜひ見学にいらして下さい。お待ちしております。

Page Top ▲

 

落合萌子 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は九州の大学を卒業し、初期研修を市中病院で行い、3年目で当センターに入局しました。当センターは、豊富な症例が多く、臨床と研究のバランスが良く、また医局員が多く雰囲気が良い点が魅力だと思います。各疾患のスペシャリストの先生方に指導していただける恵まれた環境ですし、出身大学を問わず、自分次第で多くの事を学び経験できると思います。リウマチ医を目指されている方は、是非一度見学にいらして下さい。

Page Top ▲

 

高橋由貴 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

2012年4月よりこの膠原病リウマチ痛風センターに入局いたしました。やっとここまで来られたという思いとこれからの医療に緊張と胸弾む思いでいっぱいです。一人一人の患者様と共に疾患に向き合った診療を行いたいと思っております。

Page Top ▲

 

西野 彰 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

当センターは膨大な数のリウマチ・膠原病患者様が通院されており、他院からの紹介も多く、コモンな病態から教科書に記載されていないような稀な病態まで様々な症例を経験します。大学病院の性質上、重症かつ難治性の患者様もいらっしゃいますが、リウマチ・膠原病のスペシャリストの先生方と直接ディスカッションしながら診療にあたっています。 私自身は再発性の血球貪食症候群を合併した全身性エリテマトーデスや、数週間の経過で呼吸不全や嚥下障害に陥った多発性筋炎の症例が印象に残っています。 また、外来や病棟には関節超音波の機器がそろっており、超音波検査の経験豊富な指導医も多くいらっしゃり、私も日々研鑽しています。

Page Top ▲

 

平原慎也 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は、市中病院で初期研修を含めて3年間の内科研修を終え、卒後4年目に当科に入局しました。当医局は、学閥がないためか医局の雰囲気が非常に良く、なんといっても臨床経験豊富で尊敬できる先生方が多いことが入局の決め手でした。1年目の病棟研修では、最初に担当させていただいた患者さんが関節リウマチでニューモシスチス肺炎を発症し、ICUで最先端の呼吸器・循環管理を経て無事退院にまで至った重症例で、今でも深く記憶に残っています。また、当施設ならではの希少な症例も受け持たせていただき、皆元気に退院されていきます。それも熱心な先生方のご指導と週4回行われる密なディスカッションあっての結果であり、質の高い医療現場で働くことに感銘を受け有意義な毎日でした。2年目は医局関連の都立大塚病院へ出向し、医局の先輩である上司のご指導・教育の下、様々な患者さんを担当し、全身性慢性疾患のマネージメントの重要性を改めて実感しました。今年度は大学に帰局し、研究や外来診療に向けての準備など、今も変わらず充実した日々を送れています。リウマチ膠原病疾患に興味ある方は、まずはぜひ当医局へ見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

肥沼直子 後期研修医

【リウマチ関節外科】

当センターは整形外科と内科の隔たりもなく、様々な大学出身の先生からなり、ます。概してリウマチの方は関節痛の訴えで整形外科を受診することが多く、リウマチを診ることができることは整形外科医としては大きな武器になると思います。海外での発表のチャンスも多く、他の医局では経験できない事をたくさんの経験できます。年間手術件数1000件を超える関連病院もあり、整形外科を目指す上でもとても恵まれた環境が整っています。一般整形外科医を目指す方も、ぜひ一度見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

石橋美菜 後期研修医

【リウマチ関節外科】

当センターは整形外科および内科医師が協力し合い診療を行っており、1つの病棟で内科系疾患、整形疾患が診察できることが魅力の一つです。膠原病は全身疾患であり、症状の一部として整形疾患が現われ、当センターでは主にそのような患者さんの手術をしております。後期研修医の日常は入院患者の対応が主となってきますが、前述のとおり基礎疾患を有している方が多いため、単に整形外科術後管理にとどまらず、関節リウマチによる疼痛コントロール、合併症の管理など、多岐にわたり患者さんと向き合える事が特徴と考えます。治療に苦渋する場合は内科医にすぐに相談でき、医師としてのスキルを高めることができます。整形外科のスタッフは10名弱と少人数ですが、その分症例を多く頂け、学会での発表機会をたくさん頂き、貴重な経験をさせていただいております。週1日の関連病院での外勤では整形外科一般外来を行っており、外傷やスポーツ外傷などを経験させていただいております。外傷などの診療、治療経験が大学病院だけではほとんどないため、診療に四苦八苦することも多々ありますが、整形外科を目指す者としてそういった症例をより多く経験することが現在の目標です。医局の雰囲気もよく、とても働きやすい環境であり、ぜひ一緒に働けることを楽しみにしております。

Page Top ▲

 

菅野瑛梨 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は女子医大を卒業し、市中病院での初期研修を経て、当科に入局しました。 私は今の病棟が大好きです。 まず、個性豊かな尊敬できる同期7人です。途中入局の先生もおられるので、学年はばらばらですが、出身校・出身地もいろいろで、卒後は「野戦」病院での幅広い診療科の経験のある人や、大学病院ですでに研究を始めている人など、7人が7人ともに違います。その7人で同じ病棟で働いてディスカッションをするわけで、それぞれの今までの経験や知識を活かした話ができていてとても面白いです。そして世話好きなオーベンが、いつもいろんな議題を提示しては私達後期研修医をまとめてくれます。 回診(大きいものも小さいものも含め)はほぼ毎日あり、それに向けてみんなで準備し、勉強するのですが、内科医として基本である問診や身体所見のとりかたから、病態の細かい機序まで、きちんと理解できているかを問われます。また世界で数例しか報告ないような珍しい症例についてのディスカッションもあり、一回一回の回診がとても勉強になります。 患者さんの数も多く、症例豊富で、毎日ではないですが緊急入院も多く(リウマチ性疾患が背景にあると、感染症などの合併症も多いので)、重症症例に対しては、病棟一丸となって多くの鑑別疾患を挙げながら、対応していきます。 毎日切磋琢磨する日々がとても楽しいですし、誇りに思っています。ぜひ東京女子医大膠原病リウマチ痛風センターを、よろしくお願い致します。

Page Top ▲

 

森山倫奈 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は東京女子医科大学を卒業し、同大学病院で2年間の初期研修を行った後、当センターに入局しました。膠原病は多彩な症状を呈し、一つの臓器にとどまらず全身に所見が生じます。患者様を診ていくうえで、症状を一つ一つ聞きながら精神面も含め全身をくまなく診ていくことはとても大切なことであり、当科ではその力が充分に身につくと考え入局を決めました。当センターでは症例数も多く、非常にまれな疾患まで経験することができます。その分診断や治療に難渋する症例と出会うこともありますが、知識・経験ともに豊富な先生方とのディスカッションの場にも恵まれており、センター全体で一人一人の患者様について考え、診療できる環境が整っています。膠原病の治療は日々進歩しており、新たな免疫抑制剤の選択で治療の道が開けることもあり、とても希望のある科だと感じています。少しでも多くの患者様の笑顔に出会えるように、日々精進しております。ぜひ一度、見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

杉谷直大 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

全身疾患としての診察、診断が必要なリウマチ性疾患に興味をもち、地方の大学卒業、市中病院で初期研修後、3年目で入局しました。 私は、昨年1年間は病棟研修を行いました。当科の病棟研修の特徴はリウマチ性疾患の多彩な症候や病態について経験豊富な指導医の先生方と回診・ディスカッションする機会が多いことにあると思います。各々の先生方の視点から、臨床知識を学ぶことができ、現時点で自分が何をできて(知っていて)、何をできない(知らない)かということを明確に理解することで、どうすれば(何を知れば)改善できるかなどと、ヒントを与え導いてもらいました。将来のロールモデルとなる先生方が多く、盗むべき診療の技術や知識がたくさん転がっています。 リウマチ性疾患は診断・診療に難渋することも多く、幅広い知識が必要とされます。膠原病・リウマチ性疾患の診療に興味がある方は一度見学にお越し下さい。日々自分の成長が実感できるところだと思います。共に良い臨床医・指導医を目指しましょう。

Page Top ▲

 

根田直子 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は他大学出身で、市中病院で3年間の研修をし、4年目で入局しました。これまでの研修も非常に充実していましたが、膠原病・リウマチ・痛風という領域において、より専門的な環境で勉強したいと思ったのです。昨年は本院の病棟で、数々の貴重な症例を経験させていただきました。精神症状を有するSLEの症例では、精神神経科の病棟と医師達の協力を得て、安全に治療を行うことができました。急激に呼吸状態が悪化したリウマチ肺の症例では、ICU管理を専門とする医師達の協力を得て、救命することができました。等々…、とても書ききれません。また入局して感激したことの一つに、経験豊かな上級医と徹底的に議論しながら診断や治療を進めていくとのできる環境がありました。重症例や複雑な病態の症例についてはもちろん、どんな些細なことでもです。今年は、東京女子医科大学八千代医療センターのリウマチ・膠原病内科で、専門外来や関節エコーの手技など新たな経験をさせていただき、昨年に引き続き大変充実しております。

Page Top ▲

 

阪久美子 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は他大学出身で、母校にて初期研修を行い、3年目は皮膚科を専門としておりました。学生の頃から膠原病には興味を持っていましたが、皮膚科学を勉強していく中でより多くの患者さんを診ていくためにはやはり内科的なアプローチが必要であると感じ当科に入局致しました。入局後1年間は当院で病棟医として患者さんを受け持っておりましたが、日々の回診ではそれぞれの疾患の専門の先生方から直接指導していただくことができ大変勉強になりました。現在は医局の関連施設である自治医大附属さいたま医療センターに出向中です。こちらではリウマチや膠原病を診られる施設が都内に比べて少ないため、未治療のリウマチ・膠原病患者さんが多数来院されますが、様々な疾患のコントロールについて幅広く学べていると思います。当科に興味のある方は是非一度見学にいらして下さい。

Page Top ▲

 

山下沙由里 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は他大学出身で、母校で初期研修を行った後、今年度当科に入局しました。学生の頃から多臓器に渡る合併症を診るリウマチ内科に憧れ、当センターにも何度か見学に来ました。カンファではレベルの高い議論がされており、是非こんな環境で学んでみたいと思い入局しました。 現在病棟業務をしておりますが、専門的な知識に限らず、検査の意義・評価の仕方、プレゼンの仕方など多くの事を指導頂き、有意義な研修をさせて頂いています。指導熱心な先生方が多く、日々得るものは沢山あります。私は他大学出身で、入局する前は、新しい環境に馴染めるか不安でしたが、ユニークで明るい先生が多く、職場では色々な話に花が咲き、温かい環境で楽しく仕事をしています。とても恵まれた環境です。リウマチ・膠原病に興味のある方は一度是非見学にいらしてみて下さい。

Page Top ▲

 

阿部麻衣 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は女子医大を卒業し、分院で2年間の初期研修を経て当科に入局いたしました。入局してまだ2カ月しかたっていませんが、日々新たな発見の連続です。病棟研修における当科の特徴として週に4回ある回診だと思います。他科と比較すると多いように感じるかもしれませんが、一回一回の回診が非常に勉強になります。自分が担当している症例を含め班員の症例に関して、回診に向けて指導医とディスカッションすることで症例の理解を深めることができ、さらに回診で専門的な意見を得ることで違った側面をみることができます。 日々の病棟業務を通して新たな発見をすることができます。膠原病・リウマチ学に興味がある方はぜひ、一度見学に来てください。

Page Top ▲

 

南部美佳 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

私は、2年間の初期研修および1年間の膠原病内科研修を地方の市中病院で行い、卒後4年目の今年から当センターに入局いたしました。 学生時代から膠原病に興味を持ち、診療を行っていく中で、症例が豊富で、研究も盛んな環境で経験を積みたいと思い、当センターの門をくぐりました。もともと育ちは九州、大学は関西、初期研修は東海と、東京自体が初めてで不安もありましたが、当センターは学閥がなく、様々なバックグラウンドを持った途中入局の先生方も多く、そういった不安はすぐになくなりました。 現在は病棟での診療にあたっていますが、市中病院での診療と比較すると担当症例数は少ないですが、圧倒的に「濃い」症例ばかりで、議論を重ね、考え、文献を検索し、悩み、充実した時間があっという間に過ぎていきます。指導医は、ちょっとした疑問から答えの出ない問題まで、夜遅くまで議論・相談に向き合ってくださり、とても心強いです。 仕事や学会の帰りに、他のメンバーと飲みに行ったり、医局会のあとにセンター長の掛け声で飲みに行ったり、医局の雰囲気は和気藹々としていると思います。この恵まれた環境で研修できることに感謝しながら、毎日の診療に臨んでいます。膠原病、リウマチに興味のある方、ぜひ一度は見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

 

桃原茂樹 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

整形外科医が対応する疾患の中で、関節疾患は大きなウエイトを占めます。日本では、欧米とは異なり、整形外科医が診断、保存療法から外科的治療まで行います。ですので、代表的な関節疾患である関節リウマチなどに向き合って研修を行うことは、とても意味があることだと思います。特に本疾患は、最近使用されるようになった生物学的製剤の登場により病勢が安定化することで、さらに高いレベルでのQuality of lifeが求められようになり、外科的治療も今まさに新しい治療体系の構築が切望されています。また同時に、周術期管理も以前より非常に複雑になってきており、これら技術を経験し取得するには、当施設はまさに最適の研修施設だとわれわれは考えております。当科では、膝関節や股関節などの人工関節、手の外科、足の外科を中心に臨床を行っております。しかし関節外科研修期間中でも、全身管理を行えるように内科での研修や、関連病院で外傷等の経験も個人の希望に応じて選択可能です。研究に関しても非常に積極的に行っており、リウマチ関連での臨床研究やゲノム、分子生物学等の論文が世界の一流誌に数多く掲載されております。

Page Top ▲

 

米本光一 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

1983年に4名の医師によりリウマチ痛風センターとして開設された当施設は、開設30周年を迎えようとしています。大学当局のお力添えや、すでに鬼籍にはいられた先生方などのご努力、支えてくださった多くの方々のお力により、リウマチ性疾患の研究と治療に対し、研究者と臨床医の立場から、内科医と整形外科医の立場から、研究室と診察室の現場から、さまざま立場、場所から疾患をみつめ、研究、臨床研修を重ねることができます。

Page Top ▲

 

藤波睦代 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

Page Top ▲

 

上田寛之 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

皆様の健康について、ご一緒に考えさせて頂きたいと思っています。

Page Top ▲

 

黒堀ゆう子 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

Page Top ▲

 

持田 睦 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

Page Top ▲

 

宗定 伸 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

センターでの診療は、日本のリウマチ医療のトップレベルの勉強ができ、内科的・外科的な全体を網羅した知識を習得する意味で、大変貴重な機会を与えてもらえるものだと考えます。知識と経験を積み重ねて、患者さんから頼られるリウマチ医が一人でも増えることを歓迎します。

Page Top ▲

 

星 真哉 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

今の膠原病やリウマチ性疾患の命題は、「WINDOW OF OPPORTUNITY(治療の機会)」と「complete remission(完全寛解)を目指すこと」にあると言えるかもしれません。的確に早期に鑑別診断ができるような研修が重要です。完全寛解の意味を吟味し、「患者さんの声」や「治療に対する満足度」に真のアウトカムは反映されてくるものと思います。その上で健康寿命サポートをできるように努力したいものです。

Page Top ▲

 

五十嵐 徹  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】(小児リウマチ性疾患担当)

 

 

Page Top ▲

 

松山 穀  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】(小児リウマチ性疾患担当)

 

 

Page Top ▲

 

小関由美  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

Page Top ▲

 

八子 徹  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

Page Top ▲

 

益田郁子 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

熊本大学整形外科にて研修後、米国にて偽痛風・軟骨石灰化や関節変性の研究に15年間従事し、2005年に帰国しました。当センター入局後、内科と整形外科両面より診療できるRheumatologistとして、膠原病・リウマチ・痛風などの内科診療にあたっています。現在は山王病院リウマチ科に勤務し、患者様としっかり向かい合い、treat to targetを実践する最善の治療を行えるように努めています。

Page Top ▲

 


五野貴久 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

当センターは、他施設を圧倒する程の多くの患者さんの診療にあたっているため、臨床と研究をバランスよく行える施設です。当施設名の通り、全身性エリテマトーデス、強皮症をはじめとした膠原病・関節リウマチ・痛風の診療において、世界的視点に立って臨床に直結できる研究を行っており、これまでも数多くの業績を残しております。近年、様々な新薬の登場により、医師としてやりがいを実感できる魅力ある領域と思います。

Page Top ▲

 

小林晶子 嘱託医師

【膠原病リウマチ内科】

膠原病リウマチ痛風は、教科書を読んでいるだけでは、分かりにくい疾患です。私は、講義、ポリクリや個人実習などで感銘を受け当センター入局を決めました。不治の病から、患者さんに笑顔の戻る良いイメージへと変わったこと、医局が明るい雰囲気だったためです。世界的にご高名な先生が多いのですが、気さくに相談に乗ってくれ、大変恵まれた環境です。是非、一度見学にいらしてください。

Page Top ▲

 

片岡さゆり 嘱託医師

【膠原病リウマチ内科】

当センターでは様々な自己免疫疾患を幅広く経験することができ、専門の先生方から丁寧な指導を受けることができます。また外科と内科の垣根が低く、働きやすい環境と思います。一度見学にいらして下さい。

Page Top ▲

 

馬場さゆみ 嘱託医師

【膠原病リウマチ内科】

 

Page Top ▲