IORリウマチセミナー 2020 SUMMER
2020.3.6

IORリウマチセミナー 2020 Summerの申込受付を開始いたします。

ior-map190312

会場案内図(クリックで拡大)

日 時: 2020年6月20日(土)12:00-19:00
場 所: 東京女子医科大学 旧膠原病リウマチ痛風センタービル
定 員: 48 名(定員制)
参加費: 5,000円
対 象: 初期研修医~リウマチ医を志して2年以内の内科医、整形外科医
申込締切: 2020年 5月24日
申込方法: 下の<申込みはこちらから>ボタンからお申し込みください

プログラム:
1. 開会の挨拶、講師紹介
2. ハンズオン事前レクチャー
 1. 関節診察のコツ
 2. 関節エコー超入門 
3. ハンズオンセミナー (少人数グループで実施します)
 1. 関節所見の取り方
 2. 関節エコー超入門
 3. 関節穿刺モデル実習(肩、膝)
 4. RAと類似疾患のX線画像読影
4. レクチャー
 1. ガイドラインには載っていないRA治療のさじ加減
 2. リウマチの名医は合併症管理のエキスパート
 3. 成人になった若年性特発性関節炎をどう診るか
 4. 知っておくべき最新のRA手術
5. 閉会の挨拶

IORリウマチセミナーは若手医師を対象に2011年から開始したハンズオンとレクチャーを組み合わせたリウマチセミナーです。学会主導でも企業の企画でもなく、世界最大級のリウマチ性疾患診療施設である当センターがリウマチ学を発展させる後進を育てようと考えて作った他に類を見ない教育研修の企画です。外部の組織からの財政援助は一切なく、参加費収入以外は本学からの支出で賄っています。

レクチャーは明日から診療に役立つ内容になるよう心がけており、ハンズオンセミナーでは実際のリウマチ患者さんのご協力の下で、診療の最前線にいる医師から関節所見のとり方やエコーの使い方を直接学べる構成になっていて好評を博しています。どうぞ楽しみにしてください。

対象は「初期研修医~リウマチ医を志して2年以内の内科医、整形外科医」です。なお、リウマチ医を志して2年以内は卒後4年を意味するものではありません。 具体的に想定している対象は、「リウマチ膠原病内科や整形外科を志望する初期研修医」、「内科全般を研修しているが今後リウマチ膠原病内科を進路に検討している内科後期研修医」、「市中病院に勤務しているがリウマチ膠原病を診る機会が少なく、リウマチ膠原病の理解を深めたい内科後期研修医」、「整形外科医としては数年のキャリアがあるが、最近リウマチに興味を持ち始めた整形外科医」などです。

是非、本セミナーで叡智を養って下さい。皆様のご参加を心よりおまちしております。

申し込みを頂いた方には、5月29日までに実行委員会から参加の可否をご連絡いたします(申込締切5月24日)。本セミナーは毎回定員を超えるお申し込みをいただいております。レクチャーだけであれば学内の大きな会場を確保して定員をもっと増やすことは可能ですが、ハンズオンセミナーの質を担保するためには定員を制限する必要があります。定員を超えた場合には申し込みフォームご記載の内容や申し込み順などを参考に実行委員会で慎重に検討して参加者を決定させていただきます。ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。

申込みはこちらから

 

 ior-semi2020s

詳細はこちらからご確認下さい

 

問い合わせ

【本部】 
東京女子医科大学膠原病リウマチ内科 
担当:IORリウマチセミナー実行委員会 
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
TEL:03-5269-1725/FAX:03-5269-1726 
E-mail:katsumata@twmu.ac.jp

【事務局支援】

株式会社ウィアライブ内 コンベンション事業部 
〒104-0041 東京都中央区新富1-12-4 シーラカンスビル8階 
TEL:03-3552-4170/FAX:03-3552-4178