医療関係者の方へ 患者さんの紹介
患者さんを紹介してください

膠原病や関節リウマチの患者さん、手術対象の患者さんをご紹介ください

当センターは内科系と整形外科系の医師が協力しながら、リウマチ性疾患の診療に当たっており、月間外来患者数が10,000名を超す世界最大級のリウマチ性疾患診療施設という専門性の高さから、全国より患者さんをお迎えして診療を行なっています。内科、整形外科、小児科が同じ場所で診療を行い、互いに得意な部分を受け持ち、協力しあっています。また薬物による副作用を常にモニターし、最小限に留めています。膠原病、関節リウマチ、痛風の診療を専門とし、それと関連した運動器の疾患(一般にリウマチ性疾患と呼ぶ)の診断、治療を総合的に行います。薬物治療、リハビリテーション、教育による治療が主でありますが、必要な場合には手術治療も同じ施設で行います。難治といわれるリウマチ性疾患をトータルにケアする施設です。小児リウマチの専門的診療も行っています。

病棟では、内科部門は、東京女子医大の他科とも協力しながら、膠原病や関節リウマチの精査、併発した合併症の治療などを主に行っています。また、整形外科部門では、年間数百例の関節外科手術を行っていますが、 特筆すべき点はそのほとんどが関節リウマチ患者であることで、 関節リウマチ患者に対する手術件数は全国で1位にランクされています(日本経済新聞社)。 生物学的製剤投与患者、ステロイド剤投与患者、メトトレキサート投与患者、間質性肺炎合併患者などの感染ハイリスク症例が手術患者のほとんどを占める施設であるにも関わらず、リウマチ患者に対する人工膝関節置換術・人工股関節置換術後の深部感染率は著しく低く、2007年から2014年の8年間659例で術後急性期深部感染に伴う人工関節抜去例を1例も発生させなかったことは当施設が誇る事実です。 2008年後半からは特に手の外科手術に力を入れており、人工肘関節置換術、人工肩関節置換術、人工指節関節置換術などに積極的に取り組んでいます。 またリウマチ患者に対する足趾手術の件数も多く、特に最近の関節リウマチ治療の成績向上に合わせ、関節修復まで考慮した手術方法を採用しています。

手術のみのご紹介も歓迎しています。術後の関節リウマチ診療は紹介元にお願いしながら、手術部位のフォローのみを行っている患者さんも多数いらっしゃいます。手術対象の患者さんがいらっしゃいましたら、お気軽に当センターにご紹介下さい。

受診方法

診療はすべて予約制、担当医制となっております。セカンドオピニオン目的の御紹介も歓迎しています。

患者さんをご紹介いただく場合、診療情報提供書をご記入の上当センター受診のご案内をしていただければ幸いです(手術を希望される場合は、整形外科をご指定下さい)。診療情報提供書とともに画像資料を添えていただくと受診時の患者さんの負担が減します。なお、当院では画像資料の入ったDVD-ROMやCD-ROMは受け付けておりませんので、フィルムでお渡しください。初診の場合、あらかじめ電話で受診の予約が必要です。予約がない場合、待ち時間が長くなったり、その日に受診できなくなる場合があります。

【診療受付時間】

平日午前 8:30~11:00
平日午後 13:00~15:00
土曜日 午前のみ

【予約受付時間】

平日 9:00~17:00
土曜日 9:00~13:00

【休診日】

日曜日・祝日・第3土曜日
本学創立記念日    12/5
(但し同日が日曜日にあたるときは、その翌日)
年末年始   12/30~1/4

【予約専用電話番号】

本部 03-5269-1721  
NSビル分室 03-3346-2434

 

> 外来担当表

> 交通案内