診断と治療 リハビリテーション
リハビリのご案内

関節リウマチ診療の基本は薬物療法ですが、当センターでは関節リウマチに対してリハビリテーション、外科的療法も含めて総合的・継続的に対応して治療を行っています。

IMGP3521

関節リウマチでは、まず関節滑膜の炎症に伴う関節の痛みや腫れによって日常生活に困難を生じますが、その後二次的に生じる関節破壊や関節拘縮によって、さらに不自由さが増しています。また関節の炎症は痛みや腫れ、関節破壊ばかりではなく、痛みに対して防御するために筋肉の異常な緊張をつくり、運動量も低下するために筋力低下や筋萎縮を起こします。この筋肉の異常な状態が、さらに痛みと関節の変形や拘縮を助長させる悪循環へと導いていくことになります。この悪循環に陥らないためには、関節に無理な負担をかけない動作の習得と正常な筋肉の状態を維持するための運動が必要です。

当センターリハビリテーション科は、厚生労働大臣が定める施設基準「運動器リハビリテーションⅠ」を満たしており、経験豊富なスタッフが中心となって、理学療法士と作業療法士が患者様の生活状況やニーズに合わせたリハビリ指導を行っています。

また、手術を受ける患者様には、手術の効果が十分に得られるように、術前リハビリ(関節機能評価から手術に向けた筋力強化やストレッチなどの自主トレ-ニング指導)や術後リハビリ(関節の可動性改善や筋力強化、日常生活動作や歩行能力の改善)を行っています。なお、東京女子医大病院入院中は東京女子医大病院リハビリテーション科が対応いたします。

IMGP3563

リハビリ室(膠原病リウマチ痛風センター2F)

IMGP3529

作業療法士による装具の作成