リウマチ 治療目標

target01

 

「寛解(かんかい)」による 病気症状消失の可能性

かつて関節リウマチの進行は止めることが出来ないとも考えられていました。しかし、1999年にメトトレキサート(リウマトレックス)が関節リウマチに対して適応追加され、2003年に生物学的製剤の国内発売が開始されたことで状況は一変します。これらの薬を使うことで、病勢の進行を完全に止めることが夢ではなくなり、関節リウマチの治療目標は「痛みを抑えること」から「寛解導入と維持」へと変わりました。

「寛解」とは 病気の症状がほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態を意味します。関節リウマチおいては3つの寛解、つまり炎症と自他覚症状の消失を意味する臨床的寛解、関節破壊の進行がほとんど止まることを意味する構造的寛解、身体機能の維持を意味する機能的寛解の導入を治療目標としています。
この目標が達成できれば、抗リウマチ薬を服用しながらではありますが、関節リウマチを罹患していることをほとんど自覚することなく日常生活を送ることが出来るようになります。
また、なかには抗リウマチ薬の服用さえも休止し、治癒した言える状態にまでになる患者さんもいらっしゃいます。


2011年に米国リウマチ学会と欧州リウマチ学会共同で目標とすべき寛解基準が定められました。 詳細はこちら>>

 

整形外科と内科の連携治療

当センターでは整形外科系医師と内科系医師の間でコミュニケーションがとても良く取れていますので、関節リウマチに対する最先端の薬物療法について両科の間で関節リウマチの治療方針における違いはなく、寛解導入率にも差はありません。

また、これにより整形外科系医師は内科的合併症を見逃さなくなり、内科系医師も手術のタイミングを失することが少なくなります。関節リウマチでお困りの患者さんは是非当センターで最先端の寛解導入を目指した治療を受けてみて下さい。


手術による関節機能の回復

薬物療法の発達によって多くの患者さんに寛解導入できるようになった一方で、生物学的製剤などの強力な抗リウマチ薬をもってしても病勢を止められない方も存在します。
また合併症などで強力な抗リウマチ薬を使用出来ない方や、薬の副作用のリスクを回避するために強力な抗リウマチ薬の使用を選択しない方では、徐々に関節の破壊が進行してしまうことがあります。

当センターでは残念ながら関節破壊が進行してしまったり、初診時にすでに関節破壊を生じて機能障害を認めている患者さんには、手術によって関節機能の回復を図ることを選択肢の一つとしてお勧めしています。

関節リウマチの患者さんは骨が脆かったり、靭帯や関節包などの軟部組織が脆弱だったりすることが多く、一般の整形外科患者さんに比べ手術が容易とは言えません。
当センターはそのような手術実績が豊富であることが特長でもあります。

*当センターでは関節リウマチの外来診療を整形外科、内科の別なく行っております。

文責 猪狩勝則
2017年4月26日更新