人工足関節置換手術

 

患者さんの声

HMさん 65歳(手術時)、女性、関節リウマチ

2008年12月頃から左の足関節に痛みを感じるようになりました。時には象の足のように腫れあがるようになったので近くの病院で診てもらいましたが、一向に治る気配がありません。それどころかだんだんと悪化していき、歩くたびに足関節からゴリゴリという音が自分の耳にも聞こえるようにもなってきました。本当に歩くのが辛く、隣のお宅まで伺うことさえ苦痛な日々でした。別の病院にかかってもサポーターを巻いただけで治療は終わり、「基本的に足関節の手術は固定術しかありません。固定すると動かなくなりますよ」と言われ、死ぬまでこの足の痛みと付き合っていかなくてはならないのかと絶望する日々でした。すがる思いで整骨院に行ったところ、整形外科の先生をご紹介して下さり、その先生を通して東京女子医大の先生に巡りあうことができました。2014年1月、最初に足関節の痛みを感じてから5年の月日を経てようやく人工足関節置換術を受けることが出来ました。今は手術をしてから1年が経ちますが足関節の痛みを感じることはなくなり、出かけることが苦痛ではなくなりました。本当に感謝の日々を過ごしております。(2015.1.27)

足関節(足首)の変形

TAA足首が腫れてきたり、歩くと足首が痛い、しゃがみづらい、正座しづらいという症状があるときは足首の変形が疑われますのでX線検査を行います。靭帯バランスや変形の度合いを診察し、適応を決めて手術を行っています。

人工足関節置換手術では足首の動きを再現することができます。人工関節を設置するための骨の質が充分で、靭帯バランスが良い場合に行っていますが、膝や股関節に比べて、人工関節が適応の方はそれほど多くありません。国内では人工関節全体で年間10万件以上行われているのに対し、人工足関節置換術の年間手術件数は全国で200例に満たない程度しか行われていません。そのため充分なデータが蓄積されておらず、何年くらい持つのか、合併症の頻度はどの程度かなどについてはっきりしたことが言えない状況です。当センターでは年間10件程度の人工足関節置換術を行っていますが、これまでのところ術後早期での術後感染症による人工関節抜去例を1例経験しています(2015.2.1現在)。また破壊が強く、人工関節の設置が難しい場合には足関節固定術を行います。足関節でお悩みの患者さんは当センター整形外科担当医にご相談ください。

手術のながれ

通常全身麻酔で行い、術前にはレントゲン、心電図、血液検査、CTなどの必要な検査を行います。手術のキズは、足首の前に10cm程度で、足関節の損傷した表面を削り取り人工足関節を挿入します。手術は1-2時間程度かかります。通常入院期間は3-4週間で、創治癒を確実にするために術後2週程度ギプス固定を行います。定期的にX線を確認しながら徐々に荷重をかけてリハビリしていきます。

TAAAPTAAlat

文責 猪狩勝則
2015年2月1日改筆