手指伸筋腱再建術

 

伸筋腱断裂

手関節に炎症のあるリウマチ患者さんでは、ある日突然小指、あるいは薬指と小指が伸ばせなくなることがあります。これは滑膜炎という炎症によりいたんだ腱が、尺骨頭という手首の小指側のくるぶしの部分で摩擦を受けて擦り切れるように断裂してしまうために起こります。通常は小指の腱から順に薬指、中指と順に断裂し、炎症がひどい場合には人差し指の腱まで断裂することもあります。

finger1指が伸ばせないことで書字、洗顔やパソコンのキータッチなどに支障をきたします。当センターでは一本でも腱が切れた場合には、他の指の伸筋腱断裂を予防のためにも手術をお勧めしています。手術に際しては、腱の手術だけでなくその後の断裂予防のために滑膜切除、関節形成術(尺骨頭の突出をなくす)を併せて行います。

 

伸筋腱の構造・機能

finger2手関節には手指を伸ばすためのたくさんのすじ(腱)が通っています。通常、親指・中指・薬指に1本ずつ、人差し指と小指には2本ずつの腱があり、リウマチの炎症によりこの腱が切れてしまうと指が伸ばせなくなります。腱が切れる時に痛みを伴わない場合も多く、気づいたら指が伸びなくなっていたという患finger3者さんも多くいらっしゃいます。腱断裂を早期に診断する簡単な方法としてEDMテストというものがあります。これは指を握った状態から小指だけをまっすぐ伸ばしてみて、うまく伸びない場合には小指の腱がすでに切れている可能性があります。

上:正常、下:小指の伸筋腱断裂の疑い

 

腱形成術・手関節形成術

腱は長期間の炎症により擦り切れるように断裂しているため、そのまま縫い合わせることはできません。残っている腱に縫い付ける「腱移行術」あるいは長掌筋腱という手首の腱を採取して移植する「腱移植術」という方法で腱を再建します。断裂している腱の本数が多いほど再建も困難で術後の動きも悪くなりますので、腱が一本でも切れた場合には放置せずに手術をお勧めしています。また腱の手術を行っただけでは将来的に再び摩擦を受けて再断裂する可能性がありますので、同時に手関節の骨を部分的に切除、固定する「関節形成術」を行います。

手術のながれ

手術は基本的に整形外科医による伝達麻酔で行いますが、断裂した腱が多く手術時間が長くなることが予想される場合や内科的合併症などにより厳密な全身管理が必要な場合は、麻酔科医へ依頼して麻酔法も一任します。手術を受ける前には外来にて血液検査、レントゲン撮影などを行います。手術の約1〜2日前に入院(場合によっては当日入院も可能)し、レントゲン、心電図、血液検査、CTなどの必要な検査を行います。

伝達麻酔は、エコーを併用して肩の周辺から麻酔薬を腕神経叢へ注入し腕全体を麻酔します。手首の背側を切開し、腱断裂の原因となっている変形を種々の方法で矯正したのち(関節形成術)、腱を修復・再建します。変形や腱断裂の程度にもよりますが、手術には通常1〜3時間程度かかります。

手術翌日にはベッドから起き、歩くことが可能です。徐々に可動域訓練のリハビリを開始します。術後の経過にもよりますが入院は全日程で2〜4日間程度です(御希望によって更に短縮することも可能です)。主治医の指示に従い、外来にて手の専門の作業療法士のもとで慎重にリハビリを継続します。腱を再建した場合は指のテーピングを術後1ヶ月半程度続けます。1〜3ヶ月程度をかけて徐々に通常の生活に戻っていくことになりますが、抜糸は術後10日〜2週間で行い、外固定は術後3週間程度で終了し、腱断裂に関与していない指は動かすことが可能ですので、その内容によりますが仕事や家事への早めの復帰も可能です。

finger5finger4

 

文責 佐久間悠
2017年3月23日更新