脊椎関節炎は脊椎や仙腸関節といった体軸関節(背骨)や末梢の関節(手足)、付着部と呼ばれる腱や筋の付け根に炎症をきたす疾患です。代表的な疾患として強直性脊椎炎、乾癬性関節炎(関節症性乾癬)、反応性関節炎(感染症の後に生じる関節炎や付着部炎)、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)に伴う脊椎関節炎、若年性脊椎関節炎などが含まれ、HLA-B27遺伝子との関連性が高いことが知られています。さらに眼、皮膚、消化器、泌尿器・生殖器、心臓など関節以外の症状を伴うことがあります。

強直性脊椎炎

症状

背中、腰あるいは臀部に痛みやこわばりを認めます。痛みやこわばりは、夜間、早朝に悪化し、運動により改善、安静では改善しないことが多くみられます。進行すると背骨の動きや胸の広がりが悪くなります。背部痛以外に、肩関節や股関節、アキレス腱周囲、かかとの痛みなどが生じることがあります。虹彩炎やぶどう膜炎などの眼症状、大動脈閉鎖不全など心症状が合併することがあります。

検査と診断

血液検査では、CRP上昇、赤沈亢進を認めます。HLA-B27遺伝子が認められることが多いとされていますが、陰性例もあります。画像検査では手足、脊椎、骨盤のエックス線を施行し、特徴的な所見(骨びらん、靭帯骨棘、竹状脊椎など)を調べます。病気の初期ではエックス線では異常がみられないことも多いため、MRI検査を行います。強直性脊椎炎と他の脊椎関節炎との鑑別が必要ですが、腰背部の痛みとこわばりが45歳未満で発症して3ヶ月以上持続し、朝に症状が悪化、運動によって改善が認められる場合は、強直性脊椎炎が強く疑われます。

治療

薬物療法では、第一に非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が使用されます。末梢関節炎が強い場合は抗リウマチ薬であるサラゾスルファピリジンが用いられます。

症状が強く、2種類以上NSAIDsを使用しても効果がない場合には、生物学的製剤の使用も考慮されます。現在ではTNFα阻害薬の一部が既に保険適応になっており、別の生物学的製剤も開発中です。

腰痛は運動時には症状が軽減されるため、運動療法やリハビリテーションを平行して行うことは大切です。

乾癬性関節炎(関節症性乾癬)

症状

乾癬とは、鱗屑を伴う境界明瞭な紅斑で、肘や膝、頭皮、耳などに多くみられます。乾癬に関節症状が伴うものを乾癬性関節炎と呼ばれ、関節症性乾癬ともいわれます。乾癬患者さんの約10〜30%に生じ、手足や脊椎、かかとやアキレス腱付着部、仙腸関節に痛みが生じます。また1本の指全体が腫れソーセージ様になる指趾炎を呈することがあります。爪剥離や陥凹など爪症状がみられることも特徴です。多くは皮膚の症状が先行して関節症状がみられますが、関節症状が先にみられることもあります。

検査と診断

血液検査では赤沈やCRPの上昇がみられ、一般的にはリウマトイド因子や抗CCP抗体は陰性です。手足、脊椎、仙腸関節のエックス線を行い、特徴的変化(骨びらん、骨増殖像、傍脊柱骨化、骨棘形成など)をチェックします。また早期診断にはMRI検査も有用です。診断には、皮膚科医(乾癬、爪症状)とリウマチ科医(関節炎、指趾炎)の協力が必須です。

治療

治療は、末梢関節炎、脊椎関節炎、指趾炎、付着部炎、皮膚・爪病変でそれぞれ異なります。まずNSAIDsを使用し、末梢関節炎に対しては経口抗リウマチ薬(メトトレキサート、サラゾスルファプピリジン、レフルノミドなど)を使用します。経口抗リウマチ薬の効果が不十分なとき、脊椎炎、付着部炎には、生物学的製剤が考慮されます。現在TNFα阻害薬、IL-12/23阻害薬、IL-17阻害薬が承認され、開発中の薬剤もあります。

脊椎関節炎は、強直性脊椎炎を含めわが国には少ない疾患です。関節リウマチと症状や治療が重なるところはありますが、異なる疾患です。早期に的確に診断、治療することの重要性が示唆されています。近年脊椎関節炎の診断・治療は進歩し、有効な生物学的製剤も導入されるようになりました。治療については、他科の先生と連携の上、患者さんと相談しながら、慎重に検討していきます。

文責 市川奈緒美
2017年3月2日