診断と治療 膠原病・類縁疾患 合併症 ステロイド骨粗鬆(そしょう)症
ステロイド骨粗鬆(そしょう)症
はじめに

ステロイド薬は強力に炎症をおさえる作用があり、膠原病や関節リウマチの治療に広く使用されています。しかし、ステロイドを服用すると骨が弱くなることをご存知でしょうか?ステロイド薬は骨を作る細胞の働きを弱め、骨を吸収する細胞の働きを強めて骨を弱くします。また、腸や腎臓でのカルシウムの吸収を低下させます。ステロイド薬は骨の量と質の両方を低下させます。使用するステロイドの量が多いほど骨折の危険性は高くなり、特に背骨の骨折はその影響が顕著です。たとえ服用しているステロイドの量が少なくても、3か月以上使用する場合はステロイド性骨粗鬆症に対する対策が必要です。

診断

以下のいずれかの場合は、骨粗鬆症と診断されます。
1) 背骨や足の付け根の骨が折れている。
2) その他の軽微な外力で生じた骨折があって、骨密度が若年成人平均値の80%未満。
3) 骨折はないが、骨密度が若年成人平均値の70%未満。

薬物療法

薬物療法は、1)年令、2)骨折歴、3)ステロイドの内服量、4)背骨の骨密度から骨折リスクを検討し、リスクが高い場合に開始されます。

 

第一選択薬

アレンドロネート(製品名 ボナロン®、フォサマック®など)、リセドロネート(商品名 アクトネル®、ベネット®など)は、ステロイド薬による骨吸収を抑制することにより骨密度を増やす作用があります。ステロイド薬を開始したら、早期からこのお薬を開始することで、ステロイドによる骨粗鬆症の進行を防止します。経口薬には毎日製剤、週1回製剤、月1回製剤などの種類があり、起床してすぐにコップ1杯の水(約180mL)とともに服用し、服用後30分は立っているか、座っている必要があります。

このお薬はビタミンD不足だと十分に効果が発揮できないため、内服中は食事、日光、場合によってはサプリメントなどでビタミンDを補う必要があります。内服中に抜歯をすると、頻度はまれですが「顎骨壊死」という顎の病気を発症してしまう可能性があります。そのため、抜歯が必要な歯があるときは、できるだけ投与前に抜歯を済ませておくべきです。お薬を開始してから抜歯が必要になったときは、主治医にご相談してください。一時的にお薬を中止していただく場合があります。妊婦の服用は禁忌であり、将来の妊娠に対する安全性もまだ確立していません。特に将来妊娠を考えている女性の患者さんは、主治医とメリットとデメリットを相談の上で服用を決める必要があります。

 

第二選択薬

テリパラチド
副甲状腺ホルモン製剤で、商品名は毎日自分で注射するフォルテオ®と週1回医療機関で注射するテリボン®があります。背骨が折れて腰痛が持続している場合などでは、大変有効なお薬です。投与期間には制限があり、両剤とも24か月までです。投与後は、血圧低下、めまい、立ちくらみ、動悸、気分不良、悪心などがありうるので、注意が必要です。

 

イバンドロネート
商品名はボンビバ®で、月一回の内服製剤と静注製剤があります。特に静注製剤は、アレンドロネートやリセドロネートが何らかの理由で飲めない場合に用いられます。アレンドロネートやリセドロネートと同じ種類のお薬で、薬効や注意点もほぼ同じです。

 

アルファカルシドール
消化管からカルシウムの吸収を増加させて骨を守る薬で、商品名にはアルファロール®、ワンアルファ®などがあります。骨密度の改善効果や骨折の防止効果はアレンドロネートやリセドロネートなどよりも弱いですが、1日1回食後の服用なので内服しやすいお薬です。 ビスホスホネートと一緒に用いると、骨密度増加効果が増強されることも報告されています。一方、このお薬を服用すると、血液中のカルシウムが高くなったり、尿路結石ができやすくなったり、腎機能が悪化する可能性もあるため、開始後は血液や尿の検査を定期的に行う必要があります。

 

デノスマブ
商品名はプラリア®です。骨吸収を抑えて骨密度を増加させる効果、関節リウマチの骨破壊を抑制する効果があり、最近の臨床研究でステロイド性骨粗鬆症にも有効であることが証明されました。投与方法は、6か月1回の皮下注射になります。このお薬の投与後は血液中のカルシウムが低下する可能性があるため、デノタス®やアルファカルシドールなどのビタミンD製剤を毎日服用する必要があります。ビスホスホネートと同様に、頻度はまれですが投与中に抜歯をすると「顎骨壊死」という顎の病気を発症する可能性があります。そのため、投与前に歯科を受診し、もし抜歯が必要なら先に実施しておくことが推奨されています。投与後は、口腔内をできるだけ清潔に保つ必要があります。

文責 古谷武文
2019年7月9日 更新