各臓器別診療グループ紹介 - 消化器内科

入局希望者へ

上部消化管

対象疾患

上部消化管グループは食道、胃、十二指腸を主な対象臓器にしており、内視鏡を武器に消化管疾患の診断、治療に従事しています。

主な対象疾患

食道腫瘍(良性、悪性)、胃食道逆流症(GERD)、食道・胃静脈瘤、門脈圧亢進疾患、食道アカラシア、慢性胃炎、急性胃炎、胃潰瘍、胃腫瘍(良性、悪性)、十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍(良性、悪性)、機能性ディスペプシア、小腸腫瘍(良性、悪性)、小腸潰瘍など

特徴

最新の内視鏡を用いた新しい診断、治療に積極的に取り組んでおり、拡大内視鏡や画像強調観察、超音波内視鏡などを駆使して病変の質的診断、範囲診断を行っています。
早期の腫瘍性病変に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)も積極的に行っています。
門脈圧亢進症に伴う難治性、再発性静脈瘤に対する画像診断、集学的治療にも取り組んでいます。
またダブルバルーン内視鏡やカプセル内視鏡を導入し小腸病変の新たな診断体系の構築を目指しています。

教育

ただ見るのではなく、診ることを意識した内視鏡技術、診断力を身につけることを目標にしています。
シミュレーター等を用い十分に安全な内視鏡操作を習得することができます。上級医からは一例一例フィードバックを受け、きめ細かい、かつ熱い指導を受けることができます。
さらに院内のカンファレンスや他施設との研究会などに積極的に参加し、切磋琢磨しながら知識を磨いていきます。
内視鏡治療に関してはブタ切除胃を用いたESDトレーニングシステムを構築しており、より高度な技術を習得できます。

研究

門脈圧亢進症に伴う静脈瘤の病態と治療、組織学的慢性胃炎の病態と診断、薬剤起因性消化管傷害の病態と診断、早期胃癌に対する内視鏡的治療の臨床研究、胃食道逆流症の病態と治療、小腸病変の内視鏡診断と治療など

このページの上へ戻る

下部消化管

対象疾患

大腸内科下部消化管グループは炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット、単純性潰瘍など)に重点においています。
また、内視鏡的治療が可能な大腸癌、大腸腺腫をはじめ感染性腸炎、虚血性腸炎、憩室出血、Collagenous Colitis、過敏性腸症候群(IBS)などの鑑別や治療も行っています。

特徴

炎症性腸疾患の治療に関して、私たちは外科と綿密に連携して診療を行う「IBDセンター」診療制度として日夜、取り組んでいます。
これにより内科・外科問わず一貫した疾患単位の治療を行なうことが可能となりました。
この取り組みは学内外より高い評価をいただいております。

通常の大腸内視鏡検査以外にも、ダブルバルーン小腸内視鏡検査や小腸用カプセル内視鏡検査なども用い、小腸・大腸を対象として、診断から治療につながる医療を行っています。

教育

大腸内視鏡検査グループ所属後、大腸内視鏡検査を主に従事しています。
そこで内視鏡的手技を上級医から指導し、治療内視鏡にも積極的に取り組むことが可能です。
また、炎症性腸疾患の内視鏡像の所見の見方を指導し、腸炎併発癌の診断のスキルを身につけます。
また、炎症性腸疾患の診断と治療は外来診療で多くの経験を積むことが重要と考え、グループ所属後2年目より上級医の指導のもと、外来診療を経験します。

大腸内視鏡検査研究会・学会活動は、日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会(地方会・総会・JDDW)、IBD Crub.Jr、B&B(ベーチェット病&IBD研究会)、IBDフォーラム、河田町大腸疾患研究会など地域の診療に携わる先生だけでなく、全国規模での第一線で活躍している先生方とも月1~2回の割合で議論をおこなっております。

研究

炎症性腸疾患の病態追求や、腸炎併発癌の臨床的特徴の解明、抗TNFα抗体製剤の治療研究、血球成分除去療法の臨床研究、炎症性腸疾患の小腸病変に対する新たな検査法の確立などを取り組んでいます。

このページの上へ戻る

肝臓

対象疾患

  1. 急性肝炎、劇症肝炎
  2. ウイルス性慢性肝炎(主に抗ウイルス療法)
  3. 肝硬変
  4. 肝癌(TACE、ラジオ波凝固療法)
  5. 脂肪性肝障害
  6. 肝移植の適応、移植後のfollow up

特徴

肝臓病理検討会東京女子医大 消化器内科肝臓グループは、小幡名誉教授、林名誉教授など著名な先生の指導のもと、勢力的に研究・臨床をおこなってきた伝統ある研究グループです。
現在まで日本・海外でも評価される貴重な業績を報告してまいりました。
現在は、橋本教授をチーフに約8名で、診療・研究に、勢力的に取り組んでおります。

血管造影検査主な診療内容としては、エコー下肝生検(年間約250例)、腹腔鏡・肝生検(年間約30例)、インターフェロン導入(年間約100例)、肝動脈塞栓術(年間約120例)、ラジオ波凝固療法(年間約100例)です。
また、非アルコール性脂肪性肝障害(NAFLD)に関しては、全国最多約600例の肝生検をおこない、その病態・治療方針に関して日本のオピニオンリーダーとして活動しております。

教育

肝グループに所属した医療練士の方には、臨床面では、

  1. 専門的肝臓疾患の診療能力の取得
    (インターフェロン治療、核酸アナログ製剤の使用方法など)、
    具体的には肝臓専門医の取得
  2. 肝生検の手技、肝臓病理所見の理解・診断
  3. 画像診断(治療を含む、血管造影、MRI検査など)

の手技・読影を教育しております。
研究面では、NAFLDを中心とした研究テーマで、練士のうちに、国内学会のシンポジウム、米国肝臓学会での発表をおこない、学位取得を指導しております。

研究

非アルコール性脂肪性肝障害(NAFLD)を中心に、肝疾患全般に学会発表・論文投稿を勢力的におこなっています。
臨床病理学的研究が中心ですが、遺伝子多型の研究や共同研究としてマウス実験にもかかわっています。
主な学会は、日本消化器病学会、日本肝臓学会、米国肝臓学会などで、毎年シンポジウムなどで発表しています。

このページの上へ戻る

胆・膵

特徴

現在、当科の胆・膵グループは白鳥教授・講座主任をはじめとし、計9名のスタッフと医療練士で構成されています。
ERCP、EUS等の検査や膵炎・化学療法といった臨床から、慢性膵炎や膵癌などの基礎研究まで、幅広く多岐の疾患について学ぶことができます。

胆・膵グループの主な活動内容

院内
AM 胆・膵回診 EUS/ERCP
ほかIVR

症例検討会
(月1回)
EUS/ERCP
ほかIVR
教授回診
EUS/ERCP
PM EUS/ERCP
ほかIVR
ERCP EUS/ERCP
ほかIVR
抄読会
(月1回)
院外(学会活動等)
学会(国内) 学会(海外) 研究会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会
日本超音波医学会
日本緩和医療学会
米国消化器病週間(ADDW) 東京膵臓研究会
日本膵臓学会
日本臨床腫瘍学会
日本癌治療学会
米国腫瘍学会(ASCO) 胆膵生理研究会
日本消化器画像診断研究会
FNA-club
日本胆道学会
日本消化器病週間(JDDW)
米国膵臓学会(APA) 東京膵臓研究会
日本消化器画像診断研究会

対象疾患

腫瘍性疾患としては、膵癌、嚢胞性腫瘍(IPMN、MCN、SPN、SCNなど)、胆道癌、胆管細胞癌などがあります。
非腫瘍性疾患では、胆石、総胆管結石などのポピュラーな疾患から、急性膵炎や慢性膵炎、自己免疫性膵炎、急性閉塞性化膿性胆管炎、原発性硬化性胆管炎などの炎症性疾患、形成不全や膵管非癒合などの先天性形態異常までバラエティーに富んだ疾患を経験することができます。

教育

当グループの特徴は症例が非常に豊富であり、偏りなく様々な疾患を経験できるため、各疾患の診断に始まり、検査・治療までを一貫して勉強できます。

臨床面では、重症急性膵炎の治療や切除不能膵癌の化学療法などを学び、外科転科症例に対しても月1回の症例検討会で、内科医、外科医、放射線科医、膵臓専門の病理医と共に症例を振り返り、術前の診断や検査結果について再検討を行うことで臨床力を高めていきます。

また、EUSやERCPなどの内視鏡検査やPTCDなどのIVRも習得できます。
また、基礎研究では慢性膵炎における膵線維化の研究や、膵癌・自己免疫性膵炎の研究を行っているため、基礎研究に興味がある方も勉強できる環境にあります。

研究

日頃、臨床で経験した豊富な症例をまとめた臨床研究を日本消化器病学会や日本内視鏡学会、日本膵臓学会などに発表しています。
自己免疫性膵炎は当グループから世界に向けて発信した疾患であり、これらをはじめ膵癌の化学療法や急性膵炎の栄養療法など様々な臨床研究を報告しています。
基礎分野では、膵炎や膵癌についての分子生物学的研究を充実した実験室で行っています。

このページの上へ戻る