消化器内科│入局希望者へ

入局希望者へ

医学部学生、医療関係者の皆様へ

東京女子医科大学消化器病センター 消化器病センター長 消化器内科教授・講座主任 徳重 克年

東京女子医科大学消化器病センター 消化器病センター長 消化器内科教授・講座主任 徳重 克年 東京女子医大消化器病センターは、従来の内科、外科などの講座制の垣根を超え、最良の消化器診療を提供するため1965年に開設されました。 我が国で疾患に特化した「消化器内科」という診療科が誕生したのは、本学が最初です。
現在、消化器病センターは消化器内科、消化器外科、消化器内視鏡科の3つの診療科により構成されており、我が国でも有数の患者数を誇っております。 開設以来、「患者さん中心の医療」という基本的精神がゆるぎなく継承され実践されています。

女子医大消化器内科では、消化器病に関する予防、診断、治療などの内科診療とともに、 成因や病態の解明のための基礎的研究(遺伝子分析、動物実験など)から、新しい診断法(化学的、画像など)や治療法の開発、 そして消化器病の臨床病理学的研究まで幅広く取り組んでいます。

学会発表は国内に限らず国際的にも活発です。 患者さんの診療にあたり、つねに問題意識をもち、研究成果を臨床現場にフィードバックさせるべくbench to bedをめざした研究を進めています。

診療グループとしては、上部消化管、下部消化管、肝、胆・膵と4つに分かれ、それぞれの分野の専門医師がチームとなって患者さんの診療にあたっています。

いずれの診療チームにも経験豊富な消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医、超音波専門医などの専門医が多数そろっており、症例数は全国でも有数の施設です。

最近、胃癌に対する内視鏡的切除術をはじめ、肝臓癌に対するラジオ波治療など悪性疾患へも積極的に内科的治療を行い、高い治療成績をあげています。胆石排除や、閉塞性黄疸への減黄術、消化管出血の止血、膵嚢胞などへの内視鏡治療も多数行っています。 治療を担当する医師は、いずれも最新の技術を習得した医師です。 ICU管理を要する致命的な劇症肝炎、重症急性膵炎などの重症疾患の治療経験も豊富で、高い救命率を維持しています。 また、肝移植医療も、外科と協力して積極的におこなっています。

治療方針については、内科医だけの判断にとどまらず消化器病センターの特性を活かし、消化器外科医や内視鏡医、ときに放射線科医を交えた十分な意見交換により、広い視野にたって患者さんに最良の医療を提供すべく努力をしております。

医療連携にも力を注いでおり、地域の先生がたへの情報提供、患者さんの診療受け入れ、ご紹介など円滑で信頼される連携をめざしています。 当科と地域の先生がたとの間に密接な連携を構築させていただき、患者さんに安心で最良の医療を提供していきたいと考えています。

消化器病専門医師をめざす先生がたには、ぜひ女子医大消化器内科での後期研修をお勧めします。 消化器病センターでは発足時よりすでに後期研修カリキュラム(練士制度)が確立しており、他大学に比べ群を抜く豊富な研修実績を持っています。 医局全体で消化器病専門医の育成に熱心に取り組んでおり、第一線で活躍できる優れた消化器内科医師を多数育成しています。 消化器研修に際しては各分野で研修目標、到達目標などを設定し、次世代育成にはとくに力を注いでいます。 短期間の再研修なども受け入れております。 これからも、皆様のご期待に応えられるよう消化器内科スタッフ一丸となって、診療、教育、研究に全力で取り組んでいきます。