教授・講座主任メッセージ - 消化器外科

入局希望者へ

東京女子医科大学消化器病センター 消化器外科教授・講座主任 山本 雅一

東京女子医科大学消化器病センター 消化器外科教授・講座主任 山本 雅一消化器病センターは平成22年には創立45周年を迎えました。
内科外科の壁をなくした診療形態と、独特な研修制度が注目され、世界的にも注目されている施設です。

センター外科では、臓器別グループによる診療がなされ、症例数、切除成績とも日本のトップレベルです。
また、外科治療だけでなく、内視鏡検査、血管造影検査、各種内視鏡治療、化学療法、免疫療法、放射線治療にも力を入れており、患者さんの状態、病態を考えた治療を選択しています。

現在の医療練士研修制度は、初期臨床研修修了後の5年コースとなって新設されました。
医療練士研修中に外科専門医を取得し、医療練士終了時には消化器外科専門医試験への申請が可能です。
最終学年には専門を決め、臨床研究も行い、学位取得を目指した研修も可能です。
また、症例検討会、講演会、勉強会などが充実しており、幅広い知識と技術の修得が可能です。

センター外科では、その他の施設で治療困難な患者さん、あるいは深刻な合併症を持つ患者さんに対して積極的な外科治療を行っています。
目の前にいる患者さんに対して、自分たちの持てるすべての力をつぎ込むという姿勢で臨んでいます。

スタッフは臨床に、研究に、教育に情熱を持って望んでいます。
外国人医師の見学生や大学院生も数多く在籍し、国際色豊かです。
若い力が溢れた熱い消化器外科治療チームに皆さんも参加しませんか。