教授・講座主任ご挨拶/基本理念

患者様へ

東京女子医科大学消化器病センター 消化器病センター長 消化器内科教授・講座主任 徳重 克年

東京女子医科大学消化器病センター 消化器病センター長 消化器内科教授・講座主任 徳重 克年 東京女子医大消化器病センターは、消化器病の患者さんに、従来の内科、外科などの診療科の垣根を超え最良の診療を提供するため1965年に開設されました。
現在は、当初の消化器内科、消化器外科に、消化器内視鏡科が加わり3つの診療科により構成され、 開設以来、「患者さん中心の医療」という基本的精神が時代を超えて継承され実践されています。
消化器内科は食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しています。

消化器病は内科疾患の中でも、大変患者さんの数が多い領域です。 女子医大消化器内科では、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、 新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

女子医大消化器内科では、食道・胃、大腸、肝臓、胆嚢・膵臓と大きく4つの診療グループに分かれ、 それぞれの分野の専門医師がチームとなって患者さんの診療にあたっています。

いずれの診療チームにも経験豊富な消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医などの専門医が多数そろっております。 これらの診療チームについては同じホームページに掲載されています。

最近は、胃癌、肝臓癌などの悪性疾患もサイズによっては内科的治療が可能となりました。 胆石治療や、胃潰瘍出血なども内視鏡治療が主役です。 女子医大消化器内科では、常に最新の技術を習得したエキスパートが患者さんの治療にあたっています。 さらに 致命的な劇症肝炎、重症急性膵炎などの重篤な病気の治療経験も豊富で、高い救命率を維持しています。
また肝移植医療も、外科と協力して積極的におこなっています。 また、患者さんの治療方針などについては、消化器病センターの特性を活かし、消化器外科医や内視鏡医、 放射線科医達と頻繁に意見を交わし、内科医だけの判断にとどまらず、つねに視野を広くもって患者さんに最良の医療を提供すべく努力をしております。

女子医大消化器内科は、これからも患者さんの立場にたった適切で最良の医療を提供いたします。

徳重教授のプロフィール

略歴

1984年3月 筑波大学卒業
1984年5月 東京女子医科大学 消化器内科研修医
1992年4月 同助手
1993年8月 米国ハーバード大学 マサチューセッツ総合病院
Cancer Center 客員研究員
1996年1月 東京女子医科大学 消化器内科助手
2005年3月 同 講師
2010年4月 同 准教授
2015年4月 同 教授・講座主任

研究

主たる研究テーマは、消化器内科学、肝臓病学、非アルコール性脂肪性肝疾患の病態解析、肝疾患の遺伝的バックグラウンドの解析、肝移植の長期予后改善、肝炎ウイルスの治療など

受賞

1993年4月 岡本糸枝海外留学助成金(東京女子医科大学)
1993年7月 日米国際交流財団海外留学助成金
1994年10月 世界消化器病学会Young Investigator賞
2002年5月 日本肝臓学会Hepatology Research賞
2003年5月 東京都医師会研究奨励賞
2003年1月 佐竹高子研究奨励賞(東京女子医科大学)
2005年10月 東京女子医科大学医師会賞(東京女子医科大学)

資格と所属学会など

  • 東京女子医科大学医学博士
  • 日本消化器病学会(専門医・指導医・学会評議員)
  • 日本消化器病学会関東支部(評議員)
  • 日本内科学会(認定医・指導医)
  • 日本肝臓学会(専門医・指導医・評議員)
  • 日本肝臓学会東部会(評議員)
  • 日本消化吸収学会(評議員)
  • 日本移植学会(認定医)
  • アルコール医学生物学研究会(運営委員)
  • 日本消化器病学会NAFLD/NASH診療ガイドライン委員
  • 日本臨床生理学会、日本消化器内視鏡学会、日本アルコール・薬物医学会
  • 日本医学教育学会 、米国肝臓病学会会員