手術症例詳細および癌切除後成績詳細 - 消化器外科

患者様へ

診療の特徴

日本では大学病院や癌センターなどの癌の手術治療を行っている大きな施設では、次々に新しい患者さんの手術をすることが求められているために、再発した患者さんの治療を自施設で行う余裕がありません。
せっかく有名な先生に手術していただいても再発したらよその施設に紹介されたとよく耳にします。
確かに、施設として社会から求められる役割分担があります。
たとえば風邪や虫垂炎で大学病院を受診する患者さんはいません。
しかし、患者さんとしては、「おなかを切ってもらった先生」に最後まで診てほしいという希望があります。
むろん癌の手術をした医師がすべての患者さんを診続けることは不可能です。
しかし当センター外科では、チーム医療と紹介医との綿密な連携によって癌の治療をいわゆる治療を卒業する5年間は主治医チームがきめ細かく管理しています。

末期癌の患者さんやご家族が希望される場合、在宅や関連ホスピスへの手続きをお手伝いしています。
しかし当センターは、大学病院であるにもかかわらず、手術後再発した患者さんが希望された場合に当センターで看取っています。
私たちは看取りは治療の延長であり、癌診療の一環であると考えています。
ベッド稼働率(一つベッド当たりどれだけ患者さんが使っているかという指標)やDPC(丸め請求で入院期間が長くなると病院の収益が少なくなる仕組み)が病院経営で重視される時代に逆行しているともとれる私たちの診療姿勢は、女子医大の基本理念である「至誠と愛」に基づいた「患者とともに」という姿勢を貫くものであります。

精神だけではありません。「手術症例詳細および癌切除後成績詳細」に示されているように、

  1. 進行癌の占める割合が高い。
  2. すべてのステージで良好な生存率。
  3. 進行癌特にステージIVで良好な生存率を達成。

当センターは中山恒明先生の設立以来、常に他施設が手を付けられない難度の高い手術や進行癌の手術を行ってきました。
卓越した手術手技、百戦錬磨の術後管理、きめ細やかな長期管理からなる確かな戦略に支えられた外科診療を提供しています。
ステージIVの癌患者さんの高い生存率が意味するものは「再発しながら生存している」患者さんが含まれていることです。
私たちは手術だけが私たちの仕事とは考えていません。
化学療法や放射線療法さらには免疫療法も組み合わせて、一日でも幸せに生きたいと望む患者さんを、持てる技と力を振り絞って支えていくことを目指しています。
それには一人の外科医では不可能です。
それぞれの臓器担当の指導医と志高い医師たちがきめ細やかなチーム医療を提供し、東京女子医科大学の当該診療科が協力してレベルの高い診療を提供しています。

このページの上へ戻る

専門用語解説

ステージ分類

同じ治療をしても癌の進み方によって効果が異なります。
そこで進み具合をいくつかの段階(ステージ)に分けて、治療の効果を評価します。
腫瘍の大きさ、深さ、広がりを組み合わせて決めます。
I,II,III,IV,Vと数が大きくなるほど進行しています。またIIIを二つに分けてIIIaとIIIbに分けることがあります。bのほうが進んでいます。臓器によってその定義が細かい点で異なりますが、
通常ステージIVは、癌が派生した臓器から遠くのリンパ節やほかの臓器に広がっている状態です。

内視鏡治療

内視鏡(いわゆるカメラ)で消化管の内側から腫瘍を切り取る方法です。
腫瘍が粘膜内に留まっている症例に行われます。
腫瘍が小さい場合、一回で切除する内視鏡的粘膜切除術(EMR)が行われることもありますが、現在は大きな腫瘍に対しても確実に腫瘍の境界を見ながら少しずつ粘膜下層を切って一括切除する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が行われています。
これらの治療の利点は外科手術と同じように切除標本が得られ、この標本を詳細に調べることにより腫瘍が取り切れているかどうかを判定できる点にあります。
癌がとり切れていない心配がある場合は外科的切除を追加します。

胃癌手術

胃癌は、癌の場所、広がりや性質によって、胃の全部を切り取る胃全摘、出口側3分の2を切り取る幽門側胃切除、入り口を切り取る噴門側胃切除術が行われます。

膵臓切除

膵臓は横に細長い形をしています。
そこで魚に見立てて、十二指腸側を頭部、脾臓側を尾部、頭部と尾部の間を体部と呼びます。
腫瘍の位置と広がりによって、膵頭切除、膵中央切除、尾側切除が選択されます。

内視鏡外科手術

外科手術には腹部や胸部を大きく切開して直接目で見て手術する方法(開腹手術・開胸手術)がこれまで行われてきました。
この開腹、開胸手術に対して、お腹や胸に5㎜から1㎝の穴をいくつかあけて、その穴を通してお腹や胸の中をカメラ(腹腔鏡、胸腔鏡)で見ながら、はさみやピンセットの働きをする鉗子や電気メスなどの器具を使って手術する腹腔鏡手術、または胸腔鏡手術が近年発達しています。
この手術の大きな利点は従来の方法と比べて創が小さいので術後の痛みが少ない、回復が早いという点です。全ての症例に行えるわけではありませんが、この方法は患者さんにとって体への負担が少ない手術と言えます。

このページの上へ戻る

食道

食道癌

診療グループ紹介

当施設では1992年から2010年までに約1400例弱の食道癌を切除してきました。
日本食道学会全国集計とは調査期間に8年のずれがあります。
ステージIIの3年生存率が73%でした。
近年では診断技術の向上によりstage0の手術症例や太田正穂講師による内視鏡粘膜下層剥離術の増加を認めます。
ステージ0では93%でした。2010年より大阪市立大学より大杉治司客員教授が着任し
VATS(鏡視下食道切除術)を導入いたしました。
今後も食道癌手術症例の増加と生存率の向上が期待されます。

症例数(年次推移)

症例数(年次推移)

生存率

生存率

このページの上へ戻る

胃癌

診療グループ紹介

胃カメラで腫瘍を切り取るEMRとESDと開腹手術がほぼ同数です。
当センターでは腹腔鏡(内視鏡)手術はガイドラインにのっとり選択しています。
胃癌の全国集計は2001年が最終です。一方で当センターの集計は2000年から2010年です。この10年で約2000例の胃癌の手術を行いました。
内訳をみるとステージがすすんだ進行癌を積極的に切除しています。
当センターの5年生存率はステージIIで81.5%、IIIaで69%, IIIbでは51%と良好な成績でした。

症例数(年次推移)

症例数

腹腔鏡下胃切除術の内訳

腹腔鏡下胃切除術の内訳

生存率

生存率

このページの上へ戻る

大腸

大腸癌

診療グループ紹介

EMRも外科手術も年々増加しています。腹腔鏡手術は増加しているものの約半数に達しています。大腸癌の全国集計は1999年が最終です。
当施設と集計の間には内訳に差はありません。当センターの5年生存率はステージIIで88%、
IIIaで82%, IIIbでは74%と良好な成績でした。

大腸治療内視鏡症例数(年次推移)

大腸治療内視鏡症例数

大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(年次推移)

大腸内視鏡的粘膜下層剥離術

大腸癌外科切除症例数(年次推移)

大腸癌外科切除症例数

生存率

生存率

このページの上へ戻る

肝臓

原発性肝癌

診療グループ紹介

当センターではこれまでに3000件を超える肝切除を行ってきました。
ウイルス肝炎がインターフェロンや抗ウイルス治療薬の発達で減少していることから原発性肝癌の手術症例は全国的に減少していますが、当センターでは2008年以降も減少していません。
1990年から2005年までの14年間で当センターで行った肝細胞癌1425例の内訳はステージIIが少なく、ステージIIIとIVaの進行癌を積極的に切除しています。
肝細胞癌では腫瘍だけでなく背景の肝疾患の程度によっても予後が決定されます。
たとえ再発しても患者さんの体力や肝機能にあった治療法を選択することで、
ステージIIIとIVaの5年生存率は54%と26%と良好な成績となっています。

症例数(年次推移)

肝切除症例数

生存率

生存率

肝移植症例数

肝移植症例数

このページの上へ戻る

胆道

診療グループ紹介

症例数(年次推移)

症例数

胆嚢癌

当センターではステージIVbの進行癌を積極的に切除しています。その生存率は15%でした。

生存率

生存率

このページの上へ戻る

肝門部胆管癌

100例を超える切除経験を持つ施設は日本では数えるほどです。
いずれのステージでも当センターの生存率は良好で、中でもステージIIIとIVbでは51%と27%でした。ステージIVb肝門部胆管癌5年生存率が26%というのは特筆すべき成績です。

生存率

生存率

このページの上へ戻る

中下部胆管癌

当センターの5年生存率はステージIとIIは80%、さらにIVaでも30%と良好な成績です。

生存率

生存率

このページの上へ戻る

乳頭部癌

ステージIIが多いのが特徴です。いずれのステージにおいても良好な生存率です。
ステージIVaで69% IVbで42%でした。

生存率

生存率

このページの上へ戻る

膵臓

膵癌

診療グループ紹介

ゲムシタビン塩酸塩やS-1といった抗がん薬や局所進行例に対する化学放射線療法の導入により、浸潤性膵管癌切除例の治療成績は年々向上してきており、2005年以降ではステージIで92%、ステージIIで51%、ステージIIIで53%、ステージIVaで19%、ステージIVbで7%で、全体では33%とステージIIIまでに外科切除を行えば予後に期待をもてることがわかります。

症例数(年次推移)

症例数

生存率

生存率

このページの上へ戻る