女性外科医への道

女性外科医への道

女性外科医への道

女性外科医を目指している皆様へ

東京女子医科大学 消化器外科では、女性外科医も広く募集しています。
経験や卒業年数は問いません。
消化器外科では、肝胆膵外科、上下部消化管外科、移植外科を中心に研究と診療を行っております。

井手博子教授(食道外科)をはじめ多くの女性外科医を輩出しております。
現在大学医局内には5人の女性外科医が活躍しております。
昨年に比べ、院内での女性外科医は少なくはありますが、各出張病院・大学院と多数の女性外科医が活躍しております。

現在医局内には…

肝臓外科 1名

肝臓全般を専門に活躍しています。
移植にも精通しており、江川教授が就任されてから移植の症例が増えてきており活躍の場が増えています。
急性腹症の緊急手術にも多数対応しています。

胃外科 1名

胃癌の診断から治療と幅広く症例を学ぶことができます。
特に治療は内視鏡、腹腔鏡、開腹と多岐に及びますが、豊富な症例に恵まれ外科医としての多数の研鑽を積むことができます。
最近は腹腔鏡処置が増え、癌だけでなく粘膜下腫瘍等幅広い低侵襲手術を学ぶことができています。
今年は、腹腔鏡手術の技術認定医をめざし猛進中です。

大腸外科 1名

豊富な症例に恵まれ、手術や病棟業務など充実した日々を過ごしています。
手術は腹腔鏡下手術が多くはあります。
外科医として、周術期管理や手術に携わるのみならず内視鏡等を行い、さらに診断能、手術スキルのアップにもすながっています。

練士 1名

医療練士の間は全ての分野のローテートを行います。
最後の一年間は自分の専門分野を決め、特化した学習を行っています。
上級医の活躍を間近にみることで、より明確な将来像を持って研修を行うことができます。

では今年の新入医局員A先生から一言!

本年度より東京女子医科大学消化器病センターに入局してまだ1月程ですが、日々勉強することがおおくばたばたと生活しております。
しかし、患者さんが退院されるときの達成感は内科研修をしていたときよりもとても大きいものでした。
女性医師で外科医を志すのは女性としての様々なライフイベントがあるうえで勇気のあることだとは思いますが、やりがいと達成感にはかえがたいものだと思います。
女性がとても多い医局ではありませんが、先輩方より医療以外でもたくさんのアドバイスをいただきながら日々楽しく仕事をしています。
先輩方にサポートしてもらいながらみんなで楽しく仕事しています。少しでも興味があればぜひ見学にいらしてください!

内視鏡シミュレーター(Endoscopy Accutouch System)にて練習中手術風景

術前の精査も医療練士自身で行います。

外来受診のご案内

Blog

女性外科医への道

船医活動

facebook