お知らせ

第81回日本循環器学会学術集会において、過去最高の演題数を発表しました。