東京女子医科大学 東医療センター 地域連携・医療相談

HOME

患者さんへ

介護サービスなど 日常生活の支援が知りたい

介護保険・障害など

介護保険や施設、障害を持つ方のための制度、難病において自宅の生活を支える事業、その他保険適用外の家事・食事のサービス、福祉用具のレンタル、また在宅医療などの情報をご紹介します。

介護保険

介護を必要とする場合、介護保険を利用することによって1割負担でサービスを利用することが出来ます。また、介護予防に対する取り組みも行われています。

障害者自立支援法

障害者自立支援法は、障害をもつ方が必要なサービスを「自分で選び、契約を結んでサービスを利用する」という制度です。

難病患者居宅支援事業

病名によっては自宅での生活を支えてくれる事業を行なっています。

  • 短期入所事業
  • ホームヘルプ事業
  • 日常生活用具給付事業
  • 費用の負担

その他

介護保険などを利用できない場合でも、様々なサービスの提供があります。詳しくはお住まいの区・市役所などにおたずねください。

  • 有料介護・家事援助サービス
  • 介護・福祉用具のレンタルおよび購入
  • 食事に関するサービス  など

介護施設

介護施設は、どのような介護が必要かによって3つのタイプに分かれます。

介護老人福祉施設
「特養」または「特別養護老人ホーム」と呼ばれる施設のことです。
つねに介護が必要で、自宅では介護ができない方が対象の施設です。食事・入浴などの日常生活の介護や健康管理を受けられます。
介護老人保健施設
「老健」と呼ばれる施設で、退院後すぐに自宅に戻れない人のためのリハビリ施設として利用されます。
主に病状が安定し、リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象の施設です。医学的な管理のもとでの介護や看護、リハビリを受けられます。
介護療養型医療施設
急性期の治療が終わり、病状は安定しているものの、長期間にわたり療養が必要な方が対象の施設です。介護体制の整った医療施設(病院)で、医療や看護などを受けられます。

在宅医療

病気や障害などをお持ちの方々で定期的に治療が必要であるにも関わらず、何かしらの理由でご自宅での治療継続が困難なときに、医療従事者がご自宅へ定期的に訪問し、安心した療養生活を支えます。

訪問診療
寝たきりの方や通院が困難な方などを対象に、医師が定期的に自宅に伺い、診療、薬の処方などをしてくれます。
訪問看護
医師の指示のもと、看護師が自宅を訪問し、症状の観察や処置、リハビリなどを行います。

各種制度に関するお問い合わせは、医療ソーシャルワーカーにご相談ください。
申請先となる、お住まいの自治体の区・市役所などでもご相談できます。