スマートフォン版はこちら>>

病棟紹介

母子周産期病棟・ユニット・小児病棟

母性部門

お母さんと赤ちゃんの『育みに』を大切にした優しい看護を実践し、妊娠期から産後まで1人1人の希望にそったケアを提供しています。

新生児部門

専門的な知識・技術を日々研鑽し高めて、ご家族が安心してお子様を預けられるよう、医療スタッフが一丸となって取り組んでいます。

病棟と診療科

  • 1号館5階病棟 小児科
  • 東病棟2階A  産科・婦人科
  • 東病棟2階B  NICU・GCU

現場の声

部署
1-5
役割
主任
氏名
H看護師主任
出身地
東京都

1号館5階は急性期から慢性期まで、幅広い疾患の患者さんが入院している小児科単科の病棟です。入院している子どもたちが治療を受けながら少しでも楽しめるように、HPS(Hospital Play Specialist)・保育士らと一緒に夏祭りやクリスマス会なども企画しています。子どもたちだけでなく御家族の子育ての相談・支援もチームで取り組んでいます。

部署
東-2-A
役割
主任
氏名
Y看護師主任
出身地
長野県

東-2-A病棟は、女性の医療に特化した病棟です。産科チームでは地域周産期センターとして、ハイリスクの妊婦さんや早産への対応にNICUと協働して努めています。また、正期産の出産育児も、患者さまの希望に沿ったケアを行い、一生に数回しかない体験がより満足できるものになるようケアしています。
婦人科チームでは女性特有の疾患の患者さんに、周手術期には、不安や痛みの解消に努め、自律に向けてケアやサポートをしています。また抗がん剤治療を受ける患者さんも多いため、つらさや体調の変化に寄り添いながら優しく見守り励まし助けていきます。
その人らしく療養生活が送れるよう、産科チームも婦人科チームも患者さんと一緒に考え支えていきます。

部署
NICU/GCU
役割
主任
氏名
A看護師主任
出身地
三重県

NICUは生命の危機に遭遇した小さな命を救う「赤ちゃんのための集中治療室」です。その環境は救命の場であり、また家族がその子どもを家族の一員として迎え入れるための場でもあります。新生児看護はまだまだこれから発展していく看護です。「荒川区・足立区の子は全員救う」という使命の下、かわいい赤ちゃんたちのケアをしています。