スマートフォン版はこちら>>

先輩からの声

一般病棟・内科系

部署
1-3
役割
プリセプター・中堅
氏名
H看護師プリセプター
出身地
千葉県

看護師は、就職した医療機関の特徴がその後の看護師人生に大きく影響すると思います。スタートラインとする病院選びはとても重要です。当センターは、地域密着型病院で近所にお住まいの患者さまに時々お会いすることがあります。患者さま、御家族より「ありがとう」と笑顔で言って頂けたときは自分の看護が正しかったと実感できます。学生の頃は未熟だった判断力や観察力を実際の医療現場、当センターで学ぶことができました。私たちを一緒に自分らしい看護を実感してみませんか?

部署
1-4
役割
プリセプター・中堅
氏名
S看護師プリセプター
出身地
東京都

私が所属する病棟には内科・皮膚科疾患を抱えた患者さまが入院されています。主に循環器・呼吸器・脳神経疾患が専門で、心臓カテーテル検査から、がん性疼痛を抱えた患者さまへの緩和ケア、リハビリをされている患者様の自立支援など、様々な疾患を抱えた患者さまが入院されているため、看護ケアも多種にわたり、日々やりがいを感じています。

部署
1-3
役割
新人
氏名
K看護師
出身地
鹿児島県

患者さん、家族の方から「あなたでよかった」とお言葉を頂いたとき、やってきた事は間違ってなかったと感じた。内科疾患は経過が長く、入院期間も長く、治療の副作用でさらに延びることもあります。患者さんは具合が良くなるのか、いつ帰れるのか不安でいっぱいです。そのようなニーズに対応するために患者さんの声に耳を傾け、代弁者となることも必要だと学びました。

部署
1-4
役割
新人
氏名
K看護師
出身地
秋田県

私は看護師一年目で内科に入職し、先輩たちを見て、看護には人を思いやる気持ちが大切だと感じました。先輩たちは患者さまを看護するうえで、疾患や治療の事だけではなく、入院に対するストレスや退院後の生活、家族のことなど様々なことを考えています。また、私を指導してくれる時も患者さまや私の事を考え思いやりのある指導をしてくれます。この病棟は、そのような人たちが集まっているので、とても明るい雰囲気です。ここに入職し、本当によかったなと感じています。そのような素晴らしい先輩を見習って、自分も周りの人のことを思いやることのできる看護師として成長したいと思っています。