スマートフォン版はこちら>>

先輩からの声

急性期ユニット

部署
救命ICU
役割
新人
氏名
F看護師
出身地
岩手県

救命救急センターには、多岐に渡る疾患の患者さまが搬送されます。私はどのような患者さまでも、自分や自分の家族がされて嫌なことはしないという思いで看護を行っています。またご家族は、急な出来事や厳しい宣告に動揺するなどの場面も多くあります。人の死に立ち会うことは辛いことです。しかし、最期を患者と家族が一緒に過ごせるように配慮し、家族も含めた精神的なケア、"寄り添う看護"が救命救急で学べると考えています。

部署
救命ICU
役割
プリセプター・中堅
氏名
M看護師プリセプター
出身地
東京都

私は救急看護に興味を持ち、看護師一年目から救命救急センターで勤務をしています。日々忙しい中辛い時期もありましたが、学ぶ知識や技術も多く、先輩や同期に支えられ乗り越えてきました。公共の場で人が倒れているところに遭遇し、実際に対応したとき救急看護が身についているんだなと実感しました。東医療センターは地域密着型で温かい雰囲気のある病院です。救急看護に興味のある方、一緒に働いてみませんか

部署
ICU
役割
プリセプター・中堅
氏名
I看護師プリセプター
出身地
東京都

こんにちは。私は1年目からICUで働いています。はじめは何もかも初めての体験で、すごく不安でしたが、先輩方が1から丁寧に教えてくれたのですごく勉強になりました。そしてプライベートでも悩み事など親身にきいてくれる先輩方なのでここまで続けることができました。ICUでは様々な患者さんがいますが、分からないことは先輩が教えてくれるので安心して働けて、すごく勉強になると思います。お待ちしております。

部署
ICU
役割
新人
氏名
T看護師
出身地
東京都

私は第1希望であるICUに配属され、不安もありましたが、重症度の高い現場だからこそ、頑張らないと、という思いで一杯でした。しかし、実際に現場に出てみると、初めて見る機会や物品、分からない事だらけの医療用語や薬品、重症度が高い患者さまの看護を間近で見て厳しい現場であることをさらに痛感しました。その中で私は働いていけるかとても不安になりました。先輩方の姿を見て、自分は先輩方のようになれるのか日々出来ない自分に悔しさや、無力感を感じていました。でも1年経った今私が働けているのは、日々不安がある私に忙しいなかでも手厚いご指導とアドバイスを下さり、分からないことが聞ける環境を作ってくださった先輩看護師・主任・師長さんの方々のおかげです。まだまだ知識・経験ともに浅い私ですが、尊敬する先輩看護師に近づけるよう日々頑張っています。