業務紹介

チーム医療

ICT(infection control team)

ICTは感染対策の実践チームとして活動しています。医師1名、専従看護師1名、薬剤師2名、臨床検査技師1名、事務1名からなるチームです。

その中での薬剤師の大きな役割として抗菌薬適正使用の推進があります。院内の抗菌薬使用量の把握、抗菌薬使用患者と使用期間の把握、TDM業務などを行い感染対策に貢献しています。また、学会発表も積極的に行っています。

NST(Nutrition support team)

NST(栄養サポートチーム)では、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師がチームとなって、患者さまの栄養状態を向上させるための取り組みを行っています。

特に薬剤師は、薬学的視点に基づき、主に輸液療法や薬と食事の相互作用などを確認することで、チーム医療に貢献しております。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームでは、入院・外来患者を対象とし、身体症状のコントロール、患者・家族の心理支援、服薬指導、療養の場の支援などを行っています。医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床心理士、MSWなど様々な職種が協働して、患者様らしく過ごすお手伝いをしています。

褥瘡

褥瘡対策チームは医師・看護師・栄養士・薬剤師から構成され、患者様のこれまでの病気や栄養の状態からチーム全体でそれぞれにあった治療法を考えております。また薬剤師として、治療薬が適切であるか、正しく使用されているか確認しています。

f