インタビュー取材
患者を生きる 弁膜症 (朝日新聞 2009年8月18-22日掲載 )
講演
弁膜症を究める -外科医からみた弁膜症 (日本心エコー図学会 冬季セミナー)
講演
弁膜症手術 -手術手技の選択と術後の抗凝固療法- (北里循環器セミナー)
講演
透析患者のおける冠動脈病変をどう考えればよいか? (日本透析学会)
執筆
機械弁に適する弁置換術の実際 患者のための人工弁選択と抗凝固療法
(Circulation Up-to-date)
執筆
討論 ガイドラインに準じた大動脈弁置換術における人工弁選択の現状と将来 (胸部外科)
執筆
胸部外科手術を支えるテクノロジー 9.人工弁 (胸部外科)
分担執筆
疾患別治療方針 治療トピックス 心不全の外科治療 (最新循環器診療マニュアル)
分担執筆
僧帽弁閉鎖不全症 第一章 弁膜症の病態と治療戦略
心臓血管外科テクニック I 弁膜症編   
論文
Asano R, Nakano K, Kodera K, Murai N, Sasaki A, Ikeda M, Kataoka G, Yamaguchi A, Domoto S, Takeuchi Y. Premeditated reoperation after mitral valve replacement with a Starr-Edwards ball valve for young women who desire to bear a child of two cases. Surg Today 39:717-720,2009
論文
Nakanmura Y. Nakano K, Tagusari O, Kataoka G, Seike Y, Domoto S, ito Y. An alterative option for elderly patients with a small aortic annulus:The 16mm ATS valve. J Heart Valve Dis18:691-697,2009
論文
Nakayama H, Echizen H, Gomi T, Shibuya Y, Nakamura Y, Nakano K, Arashi H, Itai T, Ohnishi S, Tanaka M, Orii T. Urinary lipocain-type prostaglandin D systhase:A potential marker for early gentamicin-induced renal damage? Ther Drug Monit 2009;31:126-130