No.3  ひざに優しい生活 日常生活での注意点

[ひざは誰でも痛くなる宿命にある?!]

骨同士がぶつかりあい痛みを生じているひざ

人間にとって、歩いたり、走ったり、座ったりすることは、生きていくために必要不可欠な行動です。その動作のために、ひざは重要な役割を果たしています。
人間は、大昔は他の動物と同じように四つんばいで歩いていましたが、進化していく段階で二本足で立ち上がり、歩行するようになりました。
腰やひざが構造的に強くならないうちに二足歩行をするようになったときから、四本足に分散されていた人間の体重はひざや腰に集中し、さらに体のバランスをとるために無理な動きを強いられ、酷使されるようになりました。
したがって、膝の痛みは文明人の背負った宿命でもあり、誰でも痛くなる可能性はあります。日頃からひざのケアをしっかりと行い、同時にひざに優しい生活を心がける必要があります。

[ひざに優しい生活ポイント]

変形性膝関節症を抱えている人は特にひざに優しい生活を心がけましょう。

長時間立ち続けない

長時間立ち続けると、それだけ関節軟骨に大きな負担がかかってしまいます。

運動はあくまでも適度に

適度な運動は、血流がよくなり、関節に栄養が行き渡って老廃物が取り除かれ、関節の曲げ伸ばしが楽になります。しかし、あくまでも「適度」であることが重要で、運動の種類が不適切であったり、運動量が過度であったりすれば、効果がないばかりか、ひざに余分な負担をかけることになります。
たとえば、中高年になって急に思い立って行うジョギングなどは、最悪です。また、ひざに痛みや熱感、腫れやはり、発赤が強い場合は、運動はひかえ、ひざの安静を保ちましょう。
いずれにしても、運動をするにあたっては、専門医のアドバイスを受けるようにしましょう。

重い荷物を持たない

思い物を持つと、それだけひざにかかる負担が大きくなります。できるだけ、重い荷物を持つのは避けましょう。

肥満を解消しましょう

BMI(Body Mass Index)で自分の肥満度を知ろう!

体重が重いと、つねに重い物を持っているのと同じことになり、ひざにかかる負担も大きくなるので、肥満を解消することが大切です。
適度な運動や、バランスのとれた食生活で体重のコントロールを行いましょう。
また、肥満度を知るために自分のBMI値を知っておきましょう!

正座を避けましょう

ひざをいっぱいに曲げた状態で座るのが、正座です。ひざが痛いときに正座をすると、ひざに大きな負担をかけます。しかし、正座してひざがいたくなければ、短時間なら正座してもかまいません。

定期的にひざのレントゲン写真検査を受けましょう

変形性膝関節症の進行をみるのにレントゲン写真が正確です。年に1回は、レントゲン写真をとると、治療の効果判定に役立ちます。

ページのトップへ
膝関節外来 リウマチ外来 股関節外来 五十肩、肩こり外来 装具外来
診療時間担当医表
アクセス
アクセス
東京女子医科大学
東医療センター 整形外科
〒116-8567
東京都荒川区西尾久2-1-10
03-3810-1111(代表)
詳細はこちら
東京女子医科大学東医療センター 整形外科とは
研修医プログラム 整形外科トピックス 当院が行っている主な手術 お問い合せ スタッフ紹介
Copyright (c) 2012 Tokyo Women's Medical University Medical Center East Orthopedics.All rights reserved.