スタッフ紹介

千葉純司 教授

千葉純司

【担 当】 膝関節外科、股関節外科、関節リウマチ、骨粗鬆症

【プロフィール】

1985年岩手医科大学医学部卒業、東京女子医科大学付属膠原病リウマチ痛風センター入局。86年都立広尾病院整形外科。87年東芝病院整形外科。90年米国ヒッツバーグ大学整形外科留学。92年米国整形外科学会 Zimmer Award受賞。93年東京女子医科大学付属第二病院整形外科講師、99年同助教授、2006年同東医療センター整形外科教授。09年より現職。日本リウマチ学会(評議員)、日本関節病学会(評議員)、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(評議員)、リウマチセンター間連絡会(世話人)、関東膝を語る会(世話人)、ヒアルロン酸研究会(世話人)などに所属。

【学会役員およびその他】

日本整形外科学会、日本人工関節学会評議員、日本リウマチ学会(評議員)、JOSKAS(評議員)、東日本整形災害外科学会(評議員)、日本リウマチ財団災害時リウマチ患者支援事業推進委員、リウマチセンター間連絡会(世話人)、リウマチトータルマネージメント(世話人)、ヒアルロン酸研究会(世話人)、整形外科臨床を語る会(世話人)、東京23区運動器疼痛研究会(世話人)、関東膝を語る会(世話人)、城東整形外科医会(世話人)、城東RAカンファランス(世話人)、北東京整形外科医療連携フォーラム(世話人)荒川整形外科フォーラム(代表世話人)、日本整形外科学会 専門医、日本リウマチ学会 専門医。

【専 門】

人工関節置換術、骨粗鬆症、リウマチ。

【コメント】

骨粗鬆症などの骨の老化、骨折を防ぐための薬剤の投与を安全かつ合理的に。また人工股関節・人工膝関節置換手術については、皮膚の切開などカラダへの負担を最小にすることを目標にしています。

神戸克明 准教授

神戸克明

【担 当】 関節リウマチ、肩関節外科

【プロフィール】

平成3年3月  群馬大学医学部卒業
平成12年3月 群馬大学大学院終了学位取得
平成12年4月~14年6月 米国ペンシルバニア州立大学整形外科留学
平成15年6月 東京女子医科大学東医療センター  整形外科 助手
平成16年1月 同 整形外科 講師
平成18年8月 同 整形外科 准教授

学会賞
1)第36回日本関節病学会優秀論文賞受賞、2008年、11月8日、神戸
2)第16回日本軟骨代謝学会賞受賞、2003年、岡山
3)New Investigator Recognition Award (NIRA)
48th ORS, Dallas, Texas on February 10-13, 2002
4)Young Investigator Award
The 2001 World Congress on Osteoarthritis,OARSI, Washington D.C.
On September 30-October 3, 2001
日本リウマチ学会評議員、日本整形外科学会リウマチ委員会委員
日本リウマチ学会MTX診療ガイドライン策定小委員会委員
日本関節病学会評議員、リウマチの外科研究会評議員
Journal of Orthopaedic Science Editorial Board Member
東京抗サイトカイン研究会世話人、東京新都心上肢の外科研究会世話人
荒川整形外科フォーラム21世話人、城東リウマチカンファレンス世話人
東京リウマチトータルマネジメント研究会世話人

日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、指導医、
日本リハビリテーション医学会専門医、日本リウマチ財団登録医、
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定スポーツ医、臨床研修指導医

【コメント】

関節リウマチの治療では生物学的製剤使用約1000例の治療経験に基づいたリウマチの長期寛解持続治療を行っている。五十肩や腱板断裂、脱臼、スポーツ障害などに対して、肩関節鏡視下手術を用いて500例以上の手術経験がある。

井上靖雄 准講師

井上靖雄

【担 当】 膝関節外科、関節リウマチ

【プロフィール】

愛知医科大学卒業。2001年、東京女子医科大学第二病院(現:東医療センター)整形外科入局。3年間の研修、勤務の後、善衆会病院 群馬スポーツ医学研究所にて2年勤務の後、2006年より再び東京女子医科大学東医療センター整形外科勤務となる。
平成21年8月1日より准講師
専門は膝関節。

日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本整形外科学会スポーツ認定医

 

【コメント】

人工膝関節置換術や関節鏡視下で行う半月板切除や前十字靱帯再建術など膝関節の手術をメインに行っております。痛みなく歩行できるように快適な生活が送られるように治療をしていきます。膝の事についてお気軽に相談してください。

関根千晶 助教

関根千晶

【担 当】 リハビリテーション、骨粗鬆症

【プロフィール】

東京女子医科大学卒業

【コメント】

できるだけ、患者さまの訴えをよくきいて、一人一人が満足いくような診療を心がけています。

王興栄 助教

 

【担 当】 関節リウマチ、手の外科、足の外科、人工関節

【プロフィール】

平成14年3月  昭和大学医学部卒業
平成14年4月  昭和大学病院救命救急センター
平成15年10月  昭和大学医学部整形外科学講座入局
平成20年3月  昭和大学医学部第一生理学教室 医学博士号取得
平成21年10月  昭和大学医学部整形外科講座 助教
平成23年4月    新潟県立リウマチセンター
平成24年4月  昭和大学横浜市北部病院整形外科
平成27年3月  同整形外科 兼任講師

平成27年4月  東京女子医科大学東医療センター整形外科リウマチ科 助教

【所属学会、資格】
日本整形外科学会認定専門医
日本リウマチ学会認定専門医
日本リウマチ財団登録医
日本手外科学会会員
日本リハビリテーション医学会会員
リウマチ外科研究会会員
日本医師会認定産業医
厚労省認定義肢装具判定医
厚労省認定臨床研修指導医

【コメント】

リウマチ治療には、基本療法、薬物療法、手術療法、リハビリ装具療法の4本の柱があり、これに病気を患うことによる精神的なケアや患者様個々に対して関わる事をトータルマネージメントと総称されております。関節リウマチという病気は一つですが、病期や罹患した関節、持病により治療方法が異なり、患者様ひとりひとりにあった個別治療が必須です。

当院では、関節超音波検査や画像診断等を用いて早期診断、早期治療を目指し、適切な抗リウマチ薬と7種類の生物学的製剤を用い、手術が必要な患者様にはリウマチ手術に精通した専門医が治療にあたります。トータルマネージメントされた質の高い医療がご提供出来るように努めさせて頂きます。

田口将史 助教

田口将史

【担 当】 一般整形

【プロフィール】

平成22年獨協医科大学卒業。同年4月より東京女子医科大学東医療センターで初期臨床研修終了後、同病院整形外科入局。平成24年4月から東京女子医科大学病院整形外科教室へ1年間出向。平成25年4月より東京女子医科大学東医療センター整形外科に復帰。

【コメント】

整形外科は、ADL(日常生活動作)に大きく関わる疾患が殆どです。
患者さんの日常生活満足度を改善するための手助けになればと思っております。

矢吹明子 助教(当分休診となります)

岩松明子

【担 当】 一般整形

【プロフィール】

平成22年3月 東京女子医科大学卒業
平成22年4月~平成24年3月 東京女子医科大学東医療センターにて初期研修
平成24年4月 東京女子医科大学東医療センター 整形外科入局
東京女子医科大学病院整形外科勤務
平成25年4月~東京女子医科大学東医療センター整形外科勤務

【コメント】

患者様のニーズに合った治療を提供できるよう心がけております。
外来ではお待たせしてしまう事もありますが宜しくお願い致します。

出口友彦 医療練士

出口友彦

【担 当】 一般整形

【プロフィール】

岩手医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学で初期臨床研修を修了し、
同院東医療センター整形外科へ入局。

【コメント】

膝の怪我をして手術を受けた経験から整形外科を志しました。
少しでも皆様のお力になれるよう努力します。

非常勤講師

早田 浩一朗 【担当】股関節外科、骨代謝
中村 篤司 【担当】関節リウマチ、上肢
保母 香 【担当】整形外科一般
堀内 極 【担当】関節リウマチ、上肢
三山 功 【担当】関節リウマチ、骨粗鬆症
ページのトップへ
膝関節外来 リウマチ外来 股関節外来 五十肩、肩こり外来 装具外来
診療時間担当医表
アクセス
アクセス
東京女子医科大学
東医療センター 整形外科
〒116-8567
東京都荒川区西尾久2-1-10
03-3810-1111(代表)
詳細はこちら
東京女子医科大学東医療センター 整形外科とは
研修医プログラム 整形外科トピックス 当院が行っている主な手術 お問い合せ スタッフ紹介
Copyright (c) 2012 Tokyo Women's Medical University Medical Center East Orthopedics.All rights reserved.