膝の健康自己チェック

あなたの膝関節の健康度をチェックしてみましょう

【軟骨の消耗度を調べます】

Q1.膝に痛みがありますか?

1 1時間歩いても膝に痛みは感じない Yes No
2 1時間歩き続けるとは少しつらいが、途中で腰をかけて休憩すれば、膝の痛みや疲れが回復する Yes No
3 休みながらでも、1日中デパートめぐりしたあとは、腰の痛みが2~3日は残る Yes No
4 1時間も続けて歩けないし、膝の痛みも何日も抜けない。いつも腰のまわりにサポーターなどを巻いている
Yes No

1が Yes …問題なし。2、3が Yes …黄色信号。4が Yes …赤信号、整形外科に相談することをお勧めします。

【大腿四頭筋の機能低下度を調べます】

Q2.歩いたあとに大腿が疲れますか?

1 3階や4階まで階段で昇っても疲れない。その上の階へも平気で行ける Yes No
2 2階まではなんとか階段で昇れるが、それ以上は一休みしないと無理だ。それに大腿の筋肉が少し疲れる Yes No
3 2階まで一気に昇ることはできない。大腿の前の筋肉がパンパンになって痛みを感じる Yes No
4 2階へ昇るのには手すりが必要で、しかも何回か休まないといけない。
膝ががくがくしてくるので、階段の昇り降りはゆっくりだ
Yes No

大腿四頭筋は、膝を伸ばすために必要な筋肉であり、膝の病気を予防するためには最も重要な筋肉です。
1が Yes …問題なし。2が Yes …大腿四頭筋をきたえるトレーニングを始めましょう。3が Yes…2と同様にトレーニングをお勧めします。4が Yes…整形外科に受診してください。その際には、次に出てくる項目をチェックして膝の症状を把握しておきましょう。

【膝の病気の典型的な症状を調べます】

Q3.膝に何か症状がありますか?

1 膝を曲げたり伸ばしたりしていると、膝の中でゴリッゴリッ、コツコツ、ギュッギュッといった音がする Yes No
2 階段を降りているときに、不意に膝の力がカクンと抜けてしまう Yes No
3 和式トイレのあと、立ち上がるのが苦痛。正座も苦痛である Yes No
4 膝が完全に伸びきらず、平らなところで足を伸ばしても膝の裏が床にぴったりつかない
Yes No
5 以前はがにまたではなかったのに、「気をつけ」の姿勢をとると、膝と膝のあいだにこぶし1つ分離れる Yes No
6 正座がまるっきりできない Yes No
7 運動をし始めの時には膝が痛むが、続けていると痛みが取れていることが多い Yes No
8 膝を曲げると、おさらの上が張った感じがして、少し膝が腫れている感じがする Yes No
9 片手で大腿から膝に向けてしごいて、もう片方の手でおさら部分を押すと、おさらがコツコツ浮いた感じがする Yes No
10 左右の膝のかたちが違う Yes No
11 おさらが外側にずれているような感じがする Yes No
12 膝がガクガクするので、いつも不安定 Yes No

1〜3の症状は、半月板というひざの軟骨が断裂したときによくある症状です。 4〜7の症状は、変形性膝関節症と診断されることが多く、これは老化現象による症状です。 8〜10の症状は、膝の中に水がたまっている可能性があります。変形性膝関節症関節リウマチの典型的な症状です。 11〜12の症状の場合は、膝の靱帯が切れている可能性があります。膝蓋骨亜脱臼や膝不安定状態のときによく見られます。

ページのトップへ
診療時間担当医表
アクセス
アクセス
東京女子医科大学
東医療センター 整形外科
〒116-8567
東京都荒川区西尾久2-1-10
03-3810-1111(代表)
詳細はこちら
東京女子医科大学東医療センター 整形外科とは
研修医プログラム 整形外科トピックス 当院が行っている主な手術 お問い合せ スタッフ紹介
Copyright (c) 2012 Tokyo Women's Medical University Medical Center East Orthopedics.All rights reserved.