実績紹介

HOME > 研究実績

2015年

学術雑誌

原著
  1. Kawauchi K, Ogasawara T, Aiba M, Fujibayashi M, Sanaka T, Sakura H, Shibuya M: Establishment and characterization of a novel VEGF-producing HHV-8-unrelated PEL-like lymphoma cell line, OGU1. European Journal of Haematology 96 (2) :144 , 2016.2
  2. 伊藤恭子、高橋佑介、齊藤たか子、石田秀岐、関口博行、田ヶ原綾香、野原ともい、岡島真里、野原惇、星綾子、溜井紀子、安藤哲郎、筒井貴朗、安藤義孝、永野伸郎、新田孝作、佐倉宏、小川哲也: 透析患者における抑うつ関連因子ー自己評価抑うつ尺度(SDS)を用いた解析ー. 日本透析医会雑誌 30 (3) :519 , 2016.1
  3. Nishizawa Yoko, Takei Takashi, Miyaoka Tokiko, Kamei Daigo, Mochizuki Toshio, Nitta Kosaku: Alport syndrome and pregnancy: Good obstetric and nephrological outcomes in a pregnant woman with homozygous autosomal recessive Alport syndrome. J Obstet Gynaecol Res. 42 (3) :331 , 2015.12
  4. Mikiko Shimada, Nobuo Nagano, Saori Goto, kyoko Ito, Takaaki Tsutsui, Tetsuo Ando, Hiroharu Kamioka, Tetsuya Ogawa: Effect of polydextrose intake on constipation in Japanese dialysis patients: A triple-blind, randomized, controlled trial. Journal of Nutritional Science and Vitaminology 61 :345 , 2015.10
  5. Nobuo Nagano, Mayuko Futaya, Mamiko Kohno, Osami Nakano, Norihisa Nishida,
    Yoichi Matsuura, Mikiko Shimada, Kyoko Ito, Tetsuo Ando, Takaaki Tsutsui,
    Yoshitaka Ando, Kiyotsugu Omae, Kosaku Nitta, Hiroshi Sakura, Tetsuya Ogawa: The Mechanism of decreased serum phosphorus levels in rats with chronic kidney disease after oral administration of bifidobacterium longum. Advances in Microbiology 5 :531 , 2015.7
  6. 大前清嗣、小川哲也、吉川昌男、佐倉宏、新田孝作: 透析患者におけるACE阻害薬治療と生命予後:傾向スコアマッチング法を用いた検討. 日本透析医学会雑誌 48 (5) :287 , 2015.5
  7. Obokata Masaru, Negishi Kazuaki, Marwick Thomas H, Kurosawa Koji, Ishida Hideki, Ito Kyoko, Ogawa Tetsuya, Ando Yoshitaka, Kurabayashi Masahiko: Comparison of different interdialytic intervals among hemodialysis patients on their echocardiogram-based cardiovascular parameters. American heart journal 169 (4) :523 , 2015.4
  8. Matsui Kazuhiro, Machida Haruhiko, Mitsuhashi Tetsuya, Omori Hisako, Nakaoka Takashi, Sakura Hiroshi, Ueno Eiko: Analysis of coronary arterial calcification components with coronary CT angiography using single-source dual-energy CT with fast tube voltage switching. The International Journal of Cardiovascular Imaging 31 :639 , 2015
総説及び解説
  1. .佐倉 宏: 血糖コントロールの季節変動と診療上の注意. 内分泌・糖尿病・代謝内科 41 (6) :447 , 2015.12
  2. 中岡 隆志、大塚 邦明、柴田 重信: 時計遺伝子とサーカディアンリズム. 神経内科 83 (3) :223 , 2015.9
  3. 佐倉 宏: 薬剤性低血糖症(低血糖症の鑑別診断). 内分泌・糖尿病・代謝内科 41 (3) :178 , 2015.9
  4. 佐倉 宏: 特集にあたって(糖尿病足病変). 内分泌・糖尿病・代謝内科 41 (2) :89 , 2015.8
  5. 小川哲也, 新田孝作: III. 治療 1.スタチンの血管石灰化に対する作用. The Lipid 26 (3) :51 , 2015.7
  6. 小川 哲也, 新田 孝作: 【糖尿病と腎疾患2015】 糖尿病合併症の診断、対策、治療 透析患者における冠状動脈病変の診断、対策、治療. 腎と透析 78 (増刊) :340-345 , 2015.6
  7. 小川 哲也、新田 孝作: VII 糖尿病合併症の診断、対策、治療 透析患者における冠状動脈病変の診断、対策、治療. 糖尿病と腎疾患 2015 78 (増刊号) :340 , 2015.6
  8. 高木 香恵: ピロリ菌とリウマチ性疾患. リウマチ科 53 (5) :425 , 2015.5
  9. 柴田興一: どのような患者が受診するか. 内科 115 (5) :735 , 2015.5
  10. 柴田興一: 片頭痛と共存症. ペインクリニック 36 (4) :s129 , 2015.4
  11. Ogawa Tetsuya, Koeda Misato, Nitta Kosaku: Left Ventricular Diastolic Dysfunction in End-Stage Kidney Disease: Pathogenesis, Diagnosis, and Treatment. Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy :Published online , 2015.4
  12. Nitta Kosaku, Ogawa Tetsuya: Vascular calcification in end-stage renal disease patients. Contributions to nephrology 185 :156-67 , 2015
  13. Ogawa Tetsuya, Nitta Kosaku: Erythropoiesis-stimulating agent hyporesponsiveness in end-stage renal disease patients. Contributions to nephrology 185 :76 , 2015
その他
  1. 柴田興一:  慢性頭痛に対する神経刺激療法の現状を教えてください.  Headache Clinic & Science  6 (1) :50 , 2015.5

著書

  1. 佐倉宏: SGLT2阻害薬(VII.糖尿病治療 薬物療法 経口糖尿病治療薬). 日本臨床増刊号 新時代の臨床糖尿病学(上)-より良い血糖管理をめざして- 541. 日本臨床社, 大阪, 2016.2
  2. 柴田興一: 頭痛専門医試験問題 解説・問題集 1. 中山書店, 東京, 2015.11
  3. 髙木 香恵: 妊娠とSLE. リウマチ・膠原病診療ハイグレード 分子標的/Bio時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー 151. 文光堂, 東京・日本, 2015.10
  4. 佐倉宏: まず最初に何を投与するか?(糖尿病治療薬投与の実際). 糖尿病治療薬の最前線 205. 中山書店, 東京, 2015.8
  5. 佐倉宏: 経口薬-インスリン分泌促進系. 糖尿病学 349. 西村書店, 東京, 2015.5

学会発表

  1. Takagi Kae, Kawaguchi Yasushi, Kawamoto Manabu, Okamoto Akiko, Higuchi Tomohisa, Ichida HIsae, Ichimura Yuki, Ota Yuko, Yamanaka Hisashi: ASSOCIATION OF THE HYPOXIA-INDUCIBLE FACTOR 1A (HIF1ALPHA) GENE POLYMORPHISM IN JAPANESE SYSTEMIC SCLEROSIS (SSc) WITH THE PULMONARY ARTERIAL HYPERTENSION (PAH). 4th Systemic Sclerosis World Congress, Lisbon, Portugal, 2016/02
  2. Takagi Kae, Kawaguchi Yasushi, Kawamoto Manabu, Higuchi Tomoaki, Okamoto Akiko, Ichida Hisae, Ichimura Yuki, Ota Yuko, Yamanaka Hisashi: ASSOCIATION OF THE HYPOXIA-INDUCIBLE FACTOR 1A (HIF1ALPHA) GENE POLYMORPHISM IN JAPANESE SYSTEMIC SCLEROSIS (SSC) WITH THE PULMONARY ARTERIAL HYPERTENSION (PAH). EULAR2015, Roma,Italy, 2015/06
  3. Y. Kawaguchi, K. Takagi, A. Tochimoto, T. Higuchi, H. Yamanaka: EARLY DETECTION AND TREATMENT FOR BORDERLINE PULMONARY ARTERIAL HYPERTENSION IN PATIENTS WITH SYSTEMIC SCLEROSIS IN JAPAN. Eular2015, Roma,Italy, 2015/06
  4. T. Higuchi 1, Y. Kawaguchi 1, I. Masuda1, K. Takagi 1, A. Tochimoto 1,H. Yamanaka: CCPA REVERSES THE FIBROTIC PHENOTYPE OF DERMAL FIBROBLASTS IN SYSTEMIC SCLEROSIS. Eular2015, Roma,Italy, 2015/06
  5. Tetsuya Ogawa, Ai Kyono, Yoko Nishizawa, Miki Shimada, Chikako Murakami, Himiko Shimizu, Tomoko Inoue, Tetsuri Yamashita, Chieko Higuchi, Nobuo Nagano, Kosaku Nitta, Hiroshi Sakura: Relationship of visceral and subcutaneous fat with the decrease of renal function for seven years in people with obesity. 52nd ERA-EDTA Congress, LONDON, UK, 2015/05
  6. Yoko Nishizawa, Tetsuya Ogawa, Miki Shimada, Chikako Murakami, Himiko Shimizu, Tomoko Inoue, Tetsuri Yamashita, Ai Kyono, Chieko Higuchi, Nobuo Nagano, Kosaku Nitta, Hiroshi Sakura: Impact of hyponatremia on renal function in diabetic patients with chronic kidney disease. 52nd ERA-EDTA Congress, London, UK, 2015/05
  7. 山下哲理, 三木郁, 髙﨑圭子, 渡邉真樹子, 小出純子, 西村英樹, 柳澤慶香, 小川哲也, 佐倉宏: 多嚢胞性卵胞症候群の合併が疑われ、糖尿病の病型診断に迷い治療に難渋した一例. 第53回日本糖尿病学会関東甲信越地方会, 横浜, 2016/01
  8. 小出純子, 髙﨑圭子, 渡邉真樹子, 三木郁 , 山下哲理, 岡部ゆう子, 川崎孝広, 大野秀樹, 佐倉宏: 腸間膜脂肪織炎の治療に難渋した2型糖尿病の1例. 第53回日本糖尿病学会関東甲信越地方会, 横浜, 2016/01
  9. 佐倉宏: 職業形態を考慮した経口血糖降下薬療法(職域と糖尿病). 第50回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会, 東京, 2016/01
  10. 大前 清嗣、小川 哲也、山下 哲理、佐倉 宏、新田 孝作: 維持透析患者に対するβ遮断薬使用と虚血性脳心血管死:傾向スコアを用いた検討. 第38回日本高血圧学会総会, 松山, 2015/10
  11. 入村峰世、大野秀樹、岡部ゆう子、高橋彩、木村綾子、齋藤壽仁: 虚血性大腸炎の臨床像と加齢についての検討. 第57回日本消化器病学会大会, 東京, 2015/10
  12. 三上 勇人, 内藤 隆, 吉倉 哲也, 山谷 琴子, 新田 孝作: 黄色ブドウ球菌による感染後糸球体腎炎の一例. 第45回日本腎臓学会東部学術大会, 東京, 2015/10
  13. 島田 美希、柴田 藍、村上 智佳子、西沢 蓉子、清水 比美子、山下 哲理、樋口 千惠子、小川 哲也: 構音障害を契機に診断に至った特発性副甲状腺機能低下症の1症例. 第45回 日本腎臓学会東部学術大会, 東京, 2015/10
  14. 細田麻奈、岡部ゆう子、入村峰世、高橋彩、木村綾子、大野秀樹、齋藤壽仁: 保存的治療により軽快した特発性孤立性上腸間膜動脈解離の1例. 第336回 日本消化器病学会関東支部例会, 東京, 2015/09
  15. 向山瑶子, 髙﨑圭子, 松居一悠, 中嶋俊, 三橋哲也, 石川元直, 西村芳子, 柴田與一, 佐倉宏: Lateropulsionを呈したplus-minus-lid症候群に1例. 第617回日本内科学会関東地方会, 東京, 2015/09
  16. 佐倉宏: 正しい糖尿病情報をつくり、つかい、つたえるために. 第15回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 東京, 2015/08
  17. 伊藤浩敬, 中嶋俊, 町田治彦, 中岡隆志, 上野惠子, 佐倉宏: 遅延造影CTを行うことで微小な急性心筋梗塞部位を特定し得た一例. 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集会, 福岡, 日本, 2015/07
  18. 高橋佑介、永野伸郎、高澤文弥、石田秀岐、関口博行、田ヶ原綾香、上田政美、野原ともい、星綾子、溜井紀子、大竹伸明、伊藤恭子、安藤哲郎、筒井貴朗、安藤義孝、新田孝作, 小川哲也: 透析患者における抑うつ程度の実態. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  19. 神場紀仁、福島輝泰、須田悟志、石田秀岐、関口博行、安藤哲郎、安藤義孝、新田孝作, 小川哲也: 維持透析患者における脳血管障害と血管石灰化指数を含む各種検査値との関連. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  20. 村上智佳子, 西沢蓉子, 井上朋子, 山下哲理, 興野藍, 樋口千惠子, 小川哲也, 佐倉宏: 排液混濁を契機に胆嚢穿孔の早期発見に至った腹膜透析の一例. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  21. 三上 勇人, 新田 孝作, 内藤 隆, 山谷 琴子, 吉倉 哲也: 透析患者に対してAdaptive Servo Ventilation(ASV)を導入した際の心拡張機能への影響の検討. 第60回日本透析学会学術集会・総会, 横浜, 2015/06
  22. 古草倫奈, 高木香恵, マーシャル祥子, 島田美希, 西沢蓉子, 興野藍, 小川哲也, 佐倉宏: 高齢発症ANCA関連血管炎に対するリツキシマブ治療の検討. 関東リウマチ研究会, 東京, 2015/06
  23. 山下哲理, 小川哲也, 高橋正毅, 興野藍, 岩佐悠子、三室知子、樋口千惠子, 佐倉宏, 蒲谷堯, 新田孝作: 2型糖尿病合併血液透析患者におけるアログリプチン6.25mg/日とリナグリプチン5mg/日投与12ヶ月後の糖代謝改善作用に関する検討. 第60回日本腎臓学会学術集会, 横浜, 2015/06
  24. 興野藍, 村上智佳子, 清水比美子, 山下哲理, 樋口千惠子, 小川哲也, 佐倉宏: フルニエ壊疽を発症した糖尿病性腎症原疾患の腹膜透析患者の一例. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  25. 近藤敦子, 芝田正道, 小瀧崇行, 戸田千恵子, 柴田美帆, 竹内弘恵, 樋口千惠子, 伊藤文夫, 小川哲也, 中野清治, 中澤速和: 血液浄化室におけるアクションカードを用いた災害訓練の取り組みと今後の課題. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  26. 清水比美子、小川哲也、島田美希、村上智佳子、西沢蓉子、井上朋子、山下哲理、興野藍、松田奈美、伊藤恭子、西村英樹、樋口千惠子、永野伸郎、新田孝作、佐倉宏: 血液透析患者におけるFibroblast Growth Factor23と死亡率の関連. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  27. 大前清嗣, 小川哲也, 吉川昌男, 佐倉宏, 新田孝作: 透析前血清カリウム値とアンジオテンシン受容体拮抗薬~予後に対する影響~. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  28. 大前清嗣, 小川哲也, 吉川昌男、佐倉宏, 新田孝作: 透析患者の生命予後に対する抗ヒスタミン薬の有効性~第2報~. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  29. 山谷 琴子, 三上 勇人, 吉倉 哲也, 新田 孝作, 内藤 隆: 当院におけるPMX-DHP療法施行時間に関する検討 短時間施行と長時間施行を比較して. 第60回日本透析学会学術集会・総会, 横浜, 2015/06
  30. 永野伸郎、高橋佑介、高澤文弥、石田秀岐、関口博行、田ヶ原綾香、上田政美、野原ともい、星綾子、溜井紀子、大竹伸明、伊藤恭子、安藤哲郎、筒井貴朗、安藤義孝、新田孝作, 小川哲也: 透析患者における抑うつは歩行障害および低栄養と関連する. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  31. 今泉力也, 芝田正道, 小林利道, 川名由浩, 樋口千惠子, 小川哲也, 中澤速和, 磯谷栄二, 中野清治: CHDF施行時におけるPMMA膜hemofilterのlifetimeおよびTMP比較検討. 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  32. 大前清嗣, 小川哲也, 吉川昌男、箕輪久, 佐倉宏, 新田孝作: マキサカルシトール静注療法と生命予後(第3報). 第60回日本透析医学会学術集会, 横浜, 2015/06
  33. 小川哲也、興野藍、 島田美希、村上智佳子、西沢蓉子、清水比美子、井上朋子、山下哲理 、臼井亮介、大前清嗣、西村英樹、樋口千恵子、永野伸郎、新田孝作、佐倉宏: 非糖尿病患者におけるブドウ糖負荷試験での血糖値の臨床的意義. 第58回日本腎臓学会学術総会, 名古屋, 2015/06
  34. 興野藍、小川哲也、島田美希、村上智佳子、西沢蓉子、清水比美子、井上朋子、山下哲理 、臼井亮介、大前清嗣、西村英樹、樋口千恵子、永野伸郎、新田孝作、佐倉宏: 非糖尿病患者におけるブドウ糖負荷試験での血糖変動の寄与因子. 第58回日本腎臓学会学術総会, 名古屋, 2015/06
  35. 清水比美子、小川哲也、島田美希、村上智佳子、西沢蓉子、井上朋子、山下哲理 、興野藍、臼井亮介、大前清嗣、西村英樹、樋口千恵子、永野伸郎、新田孝作、佐倉宏: 慢性腎臓病(eGFR>15 ml/mi/1.73m2)における大動脈弓部石灰化の関連因子. 第58回日本腎臓学会学術総会, 名古屋, 2015/06
  36. 木村綾子、大野秀樹、岡部ゆう子、入村峰世、高橋彩、齋藤壽仁、中山真緒、吉松和彦、藤林真理子: 大腸癌による腸閉塞を契機に診断したGardner症候群の一例. 第334回 日本消化器病学会関東支部例会, 東京, 2015/05
  37. 佐倉宏, 宇治原典子, 大橋博, 笠原督, 笹本和男, 朝長修, 布目英男, 橋本尚武, 荷見澄子, 本田正志, 岩本安彦: 未治療または既存糖尿病薬効果不十分な2型糖尿病に対するシタグリプチン投与の効果(多施設共同JAMP研究第3報). 第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 下関, 2015/05
  38. 山下哲理, 小川哲也, 高橋正毅, 神原美沙, 小出純子, 柳澤慶香, 西村英樹, 蒲谷堯, 高橋良当, 佐倉佐倉: 血液透析を施行中の2型糖尿病におけるインスリンデグルデクの使用経験. 第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 下関, 2015/05
  39. 荒木厚, 佐倉宏: 超高齢化時代の糖尿病診療. 第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 下関, 2015/05
  40. 岡部ゆう子、木村綾子、入村峰世、高橋彩、大野秀樹、齋藤壽仁: 慢性下痢を契機に診断したペラグラの一例. 第101回日本消化器病学会総会, 仙台, 2015/04
  41. Mari Toshihara,Manabu Kawamoto, Kae Takagi,Yasuhiro Katsumata, HIsae Ichida, Akiko Okamoto, Masanori Hanaoka , Yuko Okamoto,Hidenaga Kawasumi, Yasushi Kawaguchi, Hisashi Yamanaka: 日本人全身性エリテマトーデス(SLE)におけるBTB and CNC. 第59回日本リウマチ学会総会・学術学会, 名古屋、日本, 2015/04
  42. HiguchiTomoaki, TakagiKae, KawaguchiYasushi, OkamotoAkiko, YamanakaHisashi: 強皮症皮膚硬化におけるTGF-β・ET-1 autocrine loopの作用機序に関する解析. 第59回日本リウマチ学会総会・学術学会, 名古屋、日本, 2015/04
  43. 高木香恵, 川口鎮司, 川本学, 大田ゆう子, 岡本明子, 樋口智昭, 深澤千賀子, 市田久恵, 山中寿: 日本人全身性強皮症(SSc)におけるBTB and CNS homology 2(Bach2)遺伝子多型(SNPs)の検討. 第59回日本リウマチ学会総会・学術学会, 名古屋、日本, 2015/04
  44. 高木香恵, 岡本明子, 川口鎮司, 川本学, 樋口智昭, 深澤千賀子, 市田久恵, 勝又康弘, 五野貴久, 山中寿: 全身性強皮症(SSc)患者における還元型グルタチオン(GSH)産生律速酵素. 第59回日本リウマチ学会総会・学術学会, 名古屋、日本, 2015/04
  45. 高木香恵, 市田久恵, 川口鎮司, 栃原まり, 山中寿: 当院における難治性成人発症スティル病(AOSD)の生物学的製剤使用報告. 第59回日本リウマチ学会総会・学術学会, 名古屋、日本, 2015/04
  46. 小川 哲也, 島田 美希, 村上 智佳子, 西沢 蓉子, 清水 比美子, 山下 哲理, 興野 藍, 樋口 千恵子, 新田 孝作, 佐倉 宏: 維持透析患者における頭部動脈石灰化に関する検討. 第112回日本内科学会学術講演会, 京都, 2015/04
  47. 今泉 力也, 芝田 正道, 川名 由浩, 鮫島 麻子, 石井 真佐隆, 近藤 敦子, 坂口 祥章, 中山 友子, 檜垣 洋平, 小瀧 崇行, 小林 利道, 豊見山 真智子, 廣瀬 沙優里, 岡本 遼, 森谷 紘旭, 松本 建一, 中野 清治, 樋口 千恵子, 小川 哲也, 中澤 速和, 磯谷 栄二: CHDF施行時におけるPMMA膜hemofilterのlife-timeおよび膜間圧力差の比較検討. 日本血液浄化技術学会, 東京, 2015/04
  48. 松本 健一, 芝田 正道, 近藤 敦子, 檜垣 洋平, 今泉 力也, 中野 清治, 小川 哲也, 樋口 千恵子, 山下 哲理, 井上 朋子, 中澤 速和: CHDF施行時のPE併用患者に対し血清Ca濃度低下予防策として浄化量の増加を試みた二例. 日本血液浄化技術学会, 東京, 2015/04

*:Corresponding Author †:筆頭者 ◎:発表者

PageTop