臨床内容

HOME > 臨床内容 > 呼吸器

呼吸器

診療症例

入院

原発性肺癌、間質性肺炎(主に特発性、膠原病関連)、 重症呼吸器感染症、気管支喘息重責発作

外来

市中肺炎/非定型肺炎、慢性閉塞性肺炎、気管支喘息 間質性肺炎、サルコイドーシス、肺癌(外来化学療法含 む)、その他びまん性肺疾患等

取得可能な専門医・認定医

  • 内科認定医
  • 総合内科専門医
  • 呼吸器学会専門医
  • 呼吸器気管支鏡認定医
    ※日本呼吸器学会教育施設

検査・治療手技

気管支鏡検査、気管支肺胞洗浄、肺生検、胸水穿刺、胸腔内ドレーン挿入・留置

入院症例(平成27年4月1日~平成27年12月31日)

呼吸器領域
合計数 100%
気道・肺疾患(感染性呼吸器疾患) 31.5%
気道・肺疾患(気管・気管支・肺の形態・機能異常、外傷) 3.5%
気道・肺疾患(免疫学的機序が関与する肺疾患、特発性間質性肺炎、薬物・化学物質・放射線による肺障害、じん肺症)  3.8%
気道・肺疾患(肺循環異常) 36.9%
気道・肺疾患(呼吸器新生物) 12.7%
呼吸不全 7.7%
喘息・アレルギー・肺疾患 3.8%
PageTop