特殊外来 細胞治療 活性化自己リンパ球によるがん免疫療法

患者様・ご家族様へ

治療スケジュール

投与の間隔・回数は病状を見て相談の上、決定いたします。
患者様の病状によって治療回数や治療期間を検討しますので、患者様の状態を診た上でお一人様毎に治療回数と治療期間を決めます。
また、患者様のライフスタイルや他の治療とのバランス等、希望に沿った形で治療を実施しておりますので、途中で治療計画を変更、中断することも可能です。

標準的な治療スケジュール

治療スケジュール

下記の例は活性化リンパ球治療のケースです。
本スケジュールは一例ですので、実際の治療スケジュールは、患者様の状態や希望に沿った形で決定されます。
また、採血(1回30ml程度)は数回の投与毎に1回実施しますが、リンパ球の増殖具合によって連続的に採血が行われることもあります。

通院での治療が基本となります。

再発予防が目的の場合

2週間に1回で6回投与。それ以降は出来るだけ長期間継続します。

1ヶ月~9ヶ月

進行がんの場合(QOL改善が目的)

毎週1回で12回(3ヶ月)、その後効果判定し、継続の有無を決めます。

1ヶ月~3ヶ月

評価について

活性化自己リンパ球投与の効果が現れるのには、およそ3ヶ月かかります
1クール終了する時点で、画像、腫瘍マーカー、免疫能、自覚症状などの変化から総合的に治療効果を判定し、その後の継続の有無を決めます。
「改善」とは、定期的な血液検査及びQOL調査等を複合的に判断し、増悪傾向が改善されたと判断できる状況です。
「効果」とは、血液検査の改善に加え、画像、QOL調査等において、長期的に【改善】または【維持】されていると客観的に判定できる状況です。1クール(12回投与)終了時に治療開始時に期待した効果に対する判定を行い治療の終了、中断、継続を検討いたします。

治療費用

初診時料金(リンパ球治療を始める場合)5,000円+税
初診料、採血処置料、血液検査料、検査判断料(培養のための血液検査、感染症検査)が含まれます。
活性化自己リンパ球療法治療費(リンパ球投与時)200,000円+税/1回
点滴処置料、再診料、活性化自己リンパ球調製料が含まれます。
キャンセル料
患者様の都合により投与を中止した場合、培養期間に応じ、費用が発生します。
詳細に関しましては、お問い合わせください。

活性化自己リンパ球治療は、保険外診療となっております。基本的に自費診療となります。

お支払の方法他

現金、デビットカード、クレジットカードがご利用できます。
費用は、治療実施後にお支払いいただきます。ただし第1回目の投与については前払いとさせていただきます。
また、患者様の希望に沿った形で治療を実施しておりますので、途中で治療を中断することも可能です。ただし、リンパ球の調製は約2週間かかることから治療予定日より2週間以内の治療中止の場合はキャンセル費用が発生することがあります。
1回の投与費用は20万円+税ですので、これを越えるキャンセル費用が発生することは基本的にありません。

【参考】治療パターンと治療費用

再発予防治療  手術後再発予防目的
1クール 6回(2週1回を6回 計6回 / 3ヶ月)
5,000円+200,000円×6回1,205,000円+税 およそ1ヶ月あたり401,667円+税
進行がん治療 標準治療との併用目的
1クール 12回(週1回を12回 計12回 / 3ヶ月)
5,000円+200,000円×12回2,405,000円+税 およそ1ヶ月あたり801,667円+税