特殊外来 細胞治療 活性化自己リンパ球によるがん免疫療法

活性化自己リンパ球療法とは?

効果の仕組み

活性化自己リンパ球療法は、がん患者様ご自身の血液(約30ml)からがん細胞と戦う役割を持つリンパ球を取り出し、活性化させながら増殖させ、がんと闘う力を増強し、そのリンパ球を点滴にて患者様の体内に戻すがん免疫細胞療法と呼ばれるがん治療です。
治療に用いる活性化したリンパ球は、ほとんどが活性化Tリンパ球です。(約2週間の培養によって、100~1,000倍に増殖させたものです。)
(Tリンパ球は、がん細胞やウィルスに感染した細胞などの異常細胞を排除する役割を担います。)

活性化自己リンパ球療法によるがん治療目的

標準治療である外科手術、放射線療法、化学療法以外に新しいがん治療法「免疫療法」の1つとして、活性化自己リンパ球療法“関根法”が注目されています。

QOL の維持・改善 がんの進行・転移抑制 がんの再発予防

患者様ご自身のリンパ球を使用するため、副作用が極めて少なく、ほぼ全てのがんに適応できます。 手術後の再発予防、進行がん、再発がんの治療のために、従来の治療と併用して効果を期待するほか、患者様の生活の質(QOL)向上に役立てることを目的としています。

当科では、がん治療における、がんの再発予防、がんの進行・転移抑制、QOLの維持・改善を目的に実施いたします。

がん治療3つの方法

また、活性化自己リンパ球療法は免疫力を高める治療のため、がん治療だけでなく、ウイルス感染症治療、アンチエイジングといった分野への応用も期待されています。

治療の特徴・他との違い

治療の特徴

活性化自己リンパ球療法の特徴は下記となります。

科学的根拠のある治療国立がんセンターの臨床試験にて効果が確認されています。
多くのがん種に適応血液がんを除く固形がんが適応となります。
副作用が軽微ご自身の細胞を使用するため副作用が少ないです。
副作用の軽減効果も期待他の治療で疲弊した免疫機能の改善を行います。
放射線、抗がん剤との併用可他の治療と併用することで相乗効果が期待できます。
通院治療が可能入院せずに定期的な通院で治療が可能です。
治療時間が短い少量(30CC)の採血と点滴(約一時間程度)のみです。
一度の採血で数回治療可治療毎の採血の必要性がありません。
ライフスタイル合わせた治療他の治療スケジュールに合わせた治療が可能です。

本治療の歴史

活性化自己リンパ球療法は、国立がんセンターにて開発された科学的根拠ある治療法です。

がんの免疫細胞療法は、アメリカ国立がん研究所(NCI)のローゼンバーグ博士らが1980年代初期に開発したLAK療法に始まります。 LAK療法とは、活性化自己リンパ球療法と異なり、NK細胞と呼ばれるリンパ球をIL-2(細胞活性物質)で刺激したものを投与する治療法でした。
NK細胞は、あまり増殖しないため、治療に用いるには、大量の血液を必要としました。また、刺激したNK細胞の細胞障害活性を維持するためには、大量のIL-2を必要なため、NK細胞と同時にIL-2を患者さんの体に大量に投与するため、重篤な副作用が現れました。これらの理由から、現在ではほとんど行われない治療法となりました。

活性化自己リンパ球の大量培養法を世界に先駆けて開発
(国立がんセンターにて開発)

関根博士

1980年代の後半、国立がんセンターで関根暉彬博士(現株式会社リンフォテック会長)がLAK療法の弱点を克服する活性化自己リンパ球の大量培養法を開発しました。

活性化自己リンパ球の大量培養法は、NK細胞ではなく、腫瘍免疫の主役であるT細胞を抗CD3抗体やIL-2で活性化させながら増殖させる方法です。
細胞数は、約1000倍へと大量に増殖させることができるため、少量の血液から調整することができます。また、投与時には活性化・増幅に用いた活性化物質を取り除いても細胞障害性に影響がないことから、重い副作用をなくすことができました。

上記の大量培養法の開発以降、一般的な治療として多くの方々が使用できるように技術改良を重ね、品質管理方法や、培養方法の画一化を重ね、臨床応用できる療法として確立された再生医療の一つが活性化自己リンパ球療法なのです。

活性化自己リンパ球療法は、国立がんセンターで臨床試験(肝臓がん手術後の再発予防効果について)を行い、その効果が証明されています。

当科では、関根博士が立ち上げ、その技術を継承する株式会社リンフォテックと提携し、高品質の活性化自己リンパ球療法を行っています。

株式会社リンフォテック http://www.lymphotec.co.jp