東京女子医科大学 東医療センター 卒後臨床研修センター

HOME

研修について

研修セミナー

オリエンテーション

4月に研修医採用になりましたら、約2週間オリエンテーションを行います。
その期間で、各科の先生からの講義や現場配属になった際にすぐに活かせる放射線科での撮影体験や検査室での機器の使い方、手術室での手洗い実習などの実地実習、外科系指導医による糸結び・縫合講習などを行います。

img_seminar01.jpgimg_seminar02.jpg

シミュレーションラボ

img_seminar03.jpgまたシミュレーションラボへ行き、即実践できるようにシミュレーターを用い採血や心臓マッサージ、気管内挿管や胸腔穿刺などのトレーニングを行います。
その後、待ちに待った現場配属となります。

1・2次救急外来勉強会

5月に当院の研修プログラムの特徴である「救急外来」で役立つ勉強会を開催し、各科の先生に救急外来で遭遇する頻度の高い疾患等をレクチャーしていただきました。

プレゼンテーション

img_seminar04.jpg 1月には上級医・コメディカルなど多職種の職員の前でプレゼンテーションを行います。テーマは「今まで記憶に残った症例」や「自分の趣味」など様々です。

糸結び・縫合コンテスト

img_seminar05.jpg 3月に糸結び・縫合コンテストを行います。
外科系指導医の先生を審査員に迎え、各自の1年間の研修成果を競います。
普段とは違い、たくさんの指導医の前では緊張するようです。

勉強会

月1回のペースで研修医から「これを学びたい!」とリクエストの多い内容を各診療科の指導医に講義してもらっています。
研修医からは「すぐに救急外来で役に立つ」「その場で疑問点を聴けて良かった」等、好評です。

病理診断科の協力でミニCPCを開催しています。
各症例の診療科の上級医、また関連があった部署の先生も参加して行っています。
研修医には普段の臨床とは違い、新たな発見の場にもなっているようです。

img_seminar06.jpgimg_seminar07.jpg