東京女子医科大学 東医療センター 卒後臨床研修センター

HOME

研修について

現役研修医からのメッセージ

平成27年度研修医A

私が研修病院を選ぶ際に考えていたことは、色々な症例を体験できること、様々な人がいることでした。

当直は救急外来でのファーストタッチがメインで、研修していない科の疾患も学べること、女子医大ということで様々な出身大学の医師が集まっていることに魅力を感じ、当院を選びました。

救急外来では様々な主訴で来院してくる患者さんの対応で必死になりながらも徐々に冷静に考えながら進めていくこともできるようになってきました。興味を持っていなかった範囲の患者さんも診察することができ、今後も医師として働く上で重要な経験を出来たと思います。同期も出身大学が様々で、刺激を受けながら自己研鑽に励むことのできる環境です。

当院は大学病院でありながら市中病院のような性格も併せ持っています。色々な疾患も診られ、学会発表なども経験できます。

あっという間でしたが良い研修をできたと思います。是非見学にいらしてください。

平成27年度研修医B

私が東医療センターを初期研修先として選んだ理由は3つあります。

まず1つは、3次救命救急センターがあり先進・高度医療を行うことができる大学病院でありながら、在宅医療も行っており地域に密着した中核病院である点です。そのため急性期から慢性期の多くの症例を経験でき、研修医の時から様々な病態の疾患の治療にあたることができます。

もう1つは、夜間休日の救急外来を初期研修医が最初に診察することができる点です。患者さんの主訴から身体診察や必要な採血や画像検査を自分で組み立てて行い、緊急の処置も併せて行います。それから疾患に合わせて各科の上級医に上申し、一緒に診察しフィードバックをもらうことで自分の力にすることができます。

3つ目は、大学病院でありながら各科の垣根が低く、少しでも疑問に思ったことを他科の専門の医師にコンサルトし易い点です。救急外来に各科の医師が出入りすることで自然と色々な科の間で繋がりができているように感じます。熱心で優しい先生が多く、仲が良いことも東医療センターの魅力の一つです。

平成28年度研修医A

東京女子医科大学出身の研修医1年目です。

初期臨床研修先に地元の病院も考えましたが、縁あって当院で働かせていただくことになりました。私が当院を研修先に選んだ理由は以下の二つです。一つは、学生時代に実習で回った時に上級医の先生方が優しかったからです。医学部5年、6年の時に、外科・内科・産婦人科を計6週間回りました。どの科の先生方も教育熱心でたくさん勉強させていただきました。仕事が多忙で疲れているはずなのに、学生に温かく接して下さり、先生方の寛大さを感じました。もう一つは、女子医大系列の病院の中で実家から一番近かったためです。埼玉の自宅から電車の乗り換えなしで40分程度で帰ることができ、毎週末帰省しています。在学中、実家住まいだったため家事が不得意で、平日のご飯は毎日コンビニです。気軽に帰省し家のご飯を食べられるため、栄養バランスを保てています。

学生時代に持ったイメージと変わらないアットホームな職場でリラックスして働けています。来る者拒まずの雰囲気のため、他大出身の研修医ものびのびと働いていると思います。学生さんは、ぜひ見学に来てください。

平成28年度研修医B

研修医として働いてみての感想は、1〜3次救急で幅広い疾患がみられること、各診療科の垣根が低く、他科の医師にコンサルトがし易く、指導を受け易い環境であること、救急外来でファーストタッチを経験できること、手技が豊富なこと、尊敬できる指導医の存在、研修医レクチャーなど…どこの病院へ行ってもよく言われるであろう、研修病院としての魅力は十分にあると思います。今の病院に不満な点があるとすれば、周りに山や海などの自然がないことです。

私は他大学の出身ですが、それを気にすることも、気にされることもなくのびのびと研修できています。研修医に関しては、同期は13人で、出身大学をはじめ色々なバックグラウンドを持つ人の集まりですが、前述の通り症例も手技も豊富なので、やる気の有無に関わらず全員が一定のレベルまで到達できる研修病院ではないでしょうか。また女性にとっては、将来のロールモデルとなる先輩が多くいらっしゃいます。